《デスピアの導化アルベル》【デスピア】だけじゃない「烙印」サーチで「アルバ・ストライク」でも活躍期待

最近ちょっと話題になっているモンスターから本日は《デスピアの導化アルベル》を紹介。

名前の通り【デスピア】での採用が多いカードとなっていますが、サーチ範囲が「烙印」魔法・罠サーチとなっているので、ストラクチャーデッキ「アルバ・ストライク」のテーマとなる【烙印】とも相性が良い1枚に仕上がっています。

自己蘇生も【烙印】でもちゃんと機能する

効果モンスター
星4/闇属性/天使族/攻1800/守 0
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「烙印」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
(2):このカードが墓地に存在する状態で、自分フィールドの表側表示の融合モンスターが相手の効果でフィールドから離れた場合、または戦闘で破壊された場合、相手フィールドの効果モンスター1体を対象として発動できる。
このカードを特殊召喚し、対象のモンスターの効果をターン終了時まで無効にする。

メインとして使用するのが「烙印」魔法・罠をサーチする効果でしょう。

【デスピア】では恒久的な融合ができ融合モンスターを蘇生できるフィールド魔法《烙印劇城デスピア》にアクセスができるカードとして重宝されています。

また融合モンスターが相手の効果や戦闘で退場すると自己蘇生して相手モンスターの効果を無効にします。蘇生したこのカードは融合素材になって次の攻めに使いたいですな。

融合・効果モンスター
星8/光属性/悪魔族/攻2500/守2500
「デスピア」モンスター+光・闇属性モンスター
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分・相手のメインフェイズに発動できる。
レベル8以上の融合モンスターを除く、フィールドの全てのモンスターの攻撃力はターン終了時まで0になる。
(2):表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れた場合に発動できる。
デッキから「デスピア」モンスターまたは「アルバスの落胤」1体を選び、手札に加えるか特殊召喚する。

【烙印】でこのカードを採用するとEXデッキに《デスピアン・クエリティス》を採用する事もできるようになります。

相手効果によってフィールドから離れた場合の効果でしっかり《アルバスの落胤》サポートになっているのもポイントですね。

ストラク新規の「キット」も「烙印」魔法・罠にアクセスできる

効果モンスター
星4/闇属性/獣族/攻1700/守1000
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分のフィールド・墓地に「アルバスの落胤」を融合素材とする融合モンスターが存在する場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
自分のデッキ・墓地のカード及び除外されている自分のカードの中から、「烙印」魔法・罠カード1枚を選んで手札に加える。
その後、手札を1枚選んでデッキの一番下に戻す。

ストラクの新規となるカードでもしっかりと「烙印」魔法・罠にアクセスできます。

融合体を展開後になりますが自己特殊召喚効果も持っており「烙印」魔法・罠へのアクセス範囲がデッキ・墓地・除外と広いのが魅力的ですね。

ただその後に手札1枚をデッキボトムに戻すので純粋にアドバンテージ獲得にはさせてくれません。

範囲の広さでピン刺しの「烙印」でも使い回せるのが良いですな「アルベル」とは一緒に運用するか「キット」に絞るかのどちらかになりそうな感じですかねぇ。

サーチできる「烙印」魔法・罠オススメ

【デスピア】【烙印】両方に対応しているサルベージを行ってから融合召喚ができるカード。

速攻魔法
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):手札のモンスター1体を相手に見せ、そのモンスターと同じ種族で、攻撃力または守備力が2500のレベル8融合モンスター1体をEXデッキから墓地へ送る。
その後、以下の効果を適用できる。
●見せたモンスターを捨て、「アルバスの落胤」1体またはそのカード名が記されたモンスター1体をデッキから手札に加える。
(2):このターンに融合モンスターが自分の墓地へ送られている場合、エンドフェイズに発動できる。
墓地のこのカードを手札に加える。

EXデッキから墓地肥やし【烙印】での融合モンスターは攻守どちらかが2500なのでちゃんと対応しています。

公開した手札と同じ種族も『アルバ・ストライク』の新規達で条件達成がしやすくなっています。

その後の効果でのサーチ先としては《白の聖女エクレシア》や《黒衣竜アルビオン》が有力でしょうか。

永続魔法
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、融合モンスターを融合召喚する効果を含む効果を自分が発動した場合、その発動は無効化されず、その融合召喚成功時に相手は魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。
(2):自分が融合モンスターの融合召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「アルバスの落胤」1体またはそのカード名が記されたモンスター1体を手札に加える。

融合効果が無効にされなくなり、融合召喚時にはチェーン不可となる永続魔法。

融合効果は無効にされませんがこの段階ではチェーンが可能なので《アルバスの落胤》が効果発動にチェーンされて除去されると不発になってしまう弱点は抱えたままとなります。

(2)の融合召喚成功時に《アルバスの落胤》かその名が記されたカードサーチが優秀ですね、融合の損失補填をする事ができ、サーチ範囲もストラク新規によって広がっています。

コメント