【ヴァレット】新規達・トポロジック推し|新チューナーや魔法の筒サポートも

『バースト・オブ・デスティニー』に収録される【ヴァレット】の新規達について掘り下げ。

発売前週にてやっと公開された《ヴァレルコード・ドラゴン》そしてまさかの《魔法の筒》サポートなどなど、新たなヴァレット達が構築をどう変えていくか楽しみですね。

スポンサーリンク

《ヴァレルコード・ドラゴン》

リンク・効果モンスター
リンク3/闇属性/ドラゴン族/攻2500
【リンクマーカー:上/左下/右下】
効果モンスター2体以上
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):リンクモンスターのリンク先のこのカードは効果では破壊されない。
(2):モンスター3体を素材としてリンク召喚したこのカードが相手モンスターと戦闘を行うダメージステップ開始時に発動できる。
フィールドのモンスターを全て破壊する。
(3):墓地のこのカードを除外して発動できる。
フィールドの攻撃力3000以上の闇属性モンスター1体を選んで除外し、自分のEXデッキ・墓地から「トポロジック」モンスター1体を選んで特殊召喚する。

リンク3で登場となった「ヴァレル」リンクモンスター。

リンク先のカードに破壊耐性を付与し、3体素材にしているとダメステ時にモンスターを全破壊。

コードの名前が示す通り、各種コード・トーカーと似た上向きのリンクマーカー持ちですね、全破壊はリンク先に置き自身は回避する事が可能となっております。

自身が残る為にはリンクモンスターをもう1枚用意しなければならないのである程度の割り切りは必要になってくるかと思います。

ただ墓地から除外しての効果があるので巻き込み上等感もあったりします、フィールドの3000打点モンスターの除外を要求されますが「トポロジック」を展開できるのは面白そうです。

禁止となっている《トポロジック・ガンブラー・ドラゴン》は帰ってこれませんね…(これが無くても無理感ありますが)

《ヴァレット・キャリバー》

チューナー・効果モンスター
星4/闇属性/ドラゴン族/攻1700/守 100
このカード名の、(1)の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、
(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードは闇属性リンクモンスターのリンク先となる自分フィールドに手札から特殊召喚できる。
(2):このカードをリリースして発動できる。
手札から「ヴァレット・キャリバー」以外のドラゴン族・機械族の闇属性モンスター1体を特殊召喚する。

下級チューナーモンスター。

リンク先に特殊召喚が可能な扱いやすい展開方法を持っています、またリリースすれば更にモンスターを展開可能、手札の損失が少々気になりますが2体蘇生できる《デュアルウィール・ドラゴン》を特殊召喚する手段として使いそうですね。

また《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》を特殊召喚して即座に蘇生する事もできます。

《リローデッド・シリンダー》

通常罠
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分のデッキ・墓地から「魔法の筒」1枚を選んで自分フィールドにセットする。
デッキからセットした場合、そのカードはセットしたターンでも発動できる。
(2):自分が「魔法の筒」を発動した時、墓地のこのカードを除外して発動できる。
その効果で相手に与えるダメージは倍になる。

まさかの《魔法の筒》サポート、確かにリボルバーって感じはしますね。

《魔法の筒》をセットしてそのターンでも発動できる上にバーンダメージを倍にする脅威の火力。

友人が好んで《魔法の筒》を使っているのですがいやはや強いんですよね、油断して攻撃すると跳ね返ってきて普通に負けたりします。

《デトネーション・コード》

永続罠
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに「トポロジック」リンクモンスターが存在する場合、リンクモンスター以外の自分の墓地のドラゴン族・機械族・サイバース族の闇属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
(2):このカードが魔法&罠ゾーンから除外された場合、次のターンのスタンバイフェイズに発動できる。
このカードを自分フィールドにセットする。

永続罠による恒久的な蘇生札、条件として「トポロジック」リンクモンスターの存在が必要です、蘇生効果によりトポロジックのリンク先に特殊召喚すればトリガーガシガシ引いていく事ができます。

除外されると次のターンのスタンバイに再セットされる効果は《トポロジック・トゥリスバエナ》などで巻き込んで除外しても再利用できるという工夫ですね。

また蘇生効果使用後に《ヴァレット・トレーサー》で破壊対象にしてリクルートしていくという手も。

《デュアルウィール・ドラゴン》《ヴァレルロード・R・ドラゴン》《ヘヴィ・トリガー》

以前から公表されているカードについては過去記事からよろしければどうぞー。

テーマ
スポンサーリンク
よろしければフォローよろしくです!
遊戯王JOY

コメント