《混沌領域》で増々元気な「白黒竜」コラプ&ワイバー

「カオス」モンスターをサーチできる手段が遂に登場し「ワールドプレミアパック2020」の中でも大人気カードになっている《混沌領域》

私は確保しなくて高騰眺めて愕然としておりますが(;^ω^)

そんな《混沌領域》で一番活性化したであろうカードが《輝白竜 ワイバースター》と《暗黒竜 コラプサーペント》でしょうか。「ワイバースター」は2020.10のリミットレギュレーションで緩和されたばかりですねぇ。

最初に流行りだした【カオスサンドラ】については以下過去記事からどうぞー!

スポンサーリンク

【ドラゴンリンク】でも勿論採用

【ドラグニティ】や【ヴァレット】に「白黒」ギミック、そして《混沌領域》が追加された【ドラゴンリンク】非常に息の長いテーマですねぇ。「アガーペイン」などメインギミックが禁止になっても形を変え健在ですね(*’ω’*)

《混沌領域》

通常魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札から光属性または闇属性のモンスター1体を墓地へ送って発動できる。
そのモンスターとは属性が異なり、レベル4~8の通常召喚できない光・闇属性モンスター1体をデッキから手札に加える。
(2):墓地のこのカードを除外し、除外されている自分の通常召喚できない光・闇属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをデッキの一番下に戻す。
その後、自分はデッキから1枚ドローする。

手札コストと逆の属性をサーチする事によって即座に「コラプサーペント」か「ワイバースター」の特殊召喚を可能とする1枚。本当に至れり尽くせりですなぁ!

「白黒」ギミックは以前から人気ギミックで(そりゃつい最近まで規制されてましたし)泣き所は1枚目にアクセスし辛かった事でしたが、この魔法カードによってアクセスが可能となったどころかコストまで用意できるように。

(2)の効果も純粋にデッキ修復兼ドローと非常に優れています。1枚から非常にアドバンテージを稼いでいけるカードで「白黒」の連鎖が止まらない!(ΦωΦ)

今後まだまだ「白黒」ギミックを搭載したデッキが登場しそうな予感です。

コメント