「カオスサンドラ」流行の兆し?《混沌領域》がもたらす安定と展開

スポンサーリンク

「ワールドプレミアパック2020」発売後に環境で話題になっているのが「カオスサンダー・ドラゴン」大会環境でも増えている様である意味「ワールドプレミアパック」から環境1番乗りって感じかもしれませんね。

元々カオス要素があった【サンダー・ドラゴン】ですが「ワールドプレミアパック」で【カオス】新規が登場し「カオス」要素を強めた構築です。まだ構築は定まっておらず色々なレシピが存在しますね。

スポンサーリンク

《混沌領域》が安定性を高めるのに貢献している

《混沌領域》
通常魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札から光属性または闇属性のモンスター1体を墓地へ送って発動できる。
そのモンスターとは属性が異なり、レベル4~8の通常召喚できない光・闇属性モンスター1体をデッキから手札に加える。
(2):墓地のこのカードを除外し、除外されている自分の通常召喚できない光・闇属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをデッキの一番下に戻す。
その後、自分はデッキから1枚ドローする。

手札を切っていわゆる「カオスモンスター」をサーチするカード。サーチ範囲のカードがとてつもなく広く、とんでもなく優秀なサーチカードですねぇ(*’ω’*)

【サンダー・ドラゴン】からは《雷劫龍-サンダー・ドラゴン》が対応していおります。また《輝白竜 ワイバースター》《暗黒竜 コラプサーペント》をサーチする事で即時展開も可能。

これ1枚で「白黒」が展開可能になるのって何気にスゴいですね…緩和されたばかりですが少し心配になってしまいます(^o^;)

これらを使い《天球の聖刻印》をリンク召喚してバウンスを構える様ですね。

《混沌の創世神》との相性も良し何気に「雷族」

《混沌の創世神》
特殊召喚・効果モンスター
星8/闇属性/雷族/攻2300/守3000
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地から光属性と闇属性のモンスターを1体ずつ除外した場合に特殊召喚できる。
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札から特殊召喚したこのカードが存在する場合、除外されている自分及び相手のモンスターの中から合計3体を対象として発動できる(同名カードは1枚まで)。
その内の1体を自分フィールドに特殊召喚し、残りを好きな順番で持ち主のデッキの一番下に戻す。

除外されている自分・相手のモンスター3体を対象に1体とSS残りをデッキボトムに戻す効果。

【サンダー・ドラゴン】と種族・効果共に相性が良く、除外された「サンダー・ドラゴン」モンスターをデッキに戻しデッキ修復する事が可能です。

《雷龍融合》の墓地から除外した時の効果でサーチできるのも噛み合いが非常に良いですね。

流行初期段階ですが【サンダー・ドラゴン】に安定性をもたらし、盤面的にもより固くする事ができそうなので要注目のデッキとなりそうですねぇ。

ここからまだまだ最適化が施されていきそうです。

コメント