【勇者トークン】出張性の高さが人気で価格も上昇中

『グランド・クリエイターズ』から発売後にじわじわと評価を上げているテーマ【勇者トークン】少ない枚数で出張性能などでデッキの可能性・将来性から需要が上がり、買取も強化されていっていますね。

スポンサーリンク

キーは《アラメシアの儀》《聖殿の水遣い》《運命の旅路》

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できず、このカードを発動するターン、自分は特殊召喚されたモンスター以外のフィールドのモンスターの効果を発動できない。
(1):自分フィールドに「勇者トークン」が存在しない場合に発動できる。
自分フィールドに「勇者トークン」(天使族・地・星4・攻/守2000)1体を特殊召喚する。
自分フィールドに「運命の旅路」が存在しない場合、さらにデッキから「運命の旅路」1枚を選んで自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く事ができる。

始まりとなるカード、勇者トークン召喚手段なので最重要カードとなります。デッキから《運命の旅路》を置けるので自然と旅路も入ることになりますね。

《運命の旅路》からの効果で《聖殿の水遣い》をサーチすれば次弾の《アラメシアの儀》へのアクセスする事も可能となります。

効果モンスター
星7/風属性/鳥獣族/攻2000/守2800
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに、モンスターが存在しない場合、または「勇者トークン」が存在する場合、自分・相手のメインフェイズに発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):自分フィールドに「勇者トークン」が存在し、魔法・罠・モンスターの効果が発動した時に発動できる。
このカードを持ち主のデッキに戻し、その発動を無効にし破壊する。

「勇者トークン」から強力なモンスターはグリフォンライダーですね、特殊召喚条件も緩めかつ相手メインフェイズにも展開が可能。

場の勇者トークンを参照&自身をデッキバウンスしますが万能カウンターとなっているので制圧として質が高い効果となっています。

《アラメシアの儀》から勇者トークンと《運命の旅路》を用意できるので特殊召喚条件やサーチする事は比較的達成しやすく、デッキバウンスしても再びサーチして帰ってくる事もできます。

装備魔法
自分フィールドのモンスターにのみ装備可能。
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):「騎竜ドラコバック」は自分フィールドに1枚しか表側表示で存在できない。
(2):このカードが効果モンスター以外のモンスターに装備されている場合、相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを持ち主の手札に戻す。
(3):このカードが墓地へ送られた場合、自分フィールドの「勇者トークン」1体を対象として発動できる。
その自分のモンスターにこのカードを装備する。

装備魔法も出張させる場合に第一候補となりえるのがドラコバック。純粋に除去として扱え、墓地へ送られると装備できるので《運命の旅路》のサーチ効果で捨てても機能します。

スポンサーリンク

問題はスロット要求が多くなる事

出張ギミックとしては結構スロットを要求されるのが玉にキズ、他の流行り出張だと「デスフェニ」がありますからねぇ、むしろ出張の集合体として「デスフェニ」も取り込みグッドスタッフなデッキを作るのも面白そうかもしれませんね。

《プランキッズ》1枚初動同士で妨害をプラス

出張先でメジャーなのが【プランキッズ】です、1枚初動デッキで盤面にグリフォンライダーを追加する事で防御力を引き上げる事ができます。

他にも【シャドール】【エルドリッチ】に採用している例も見受けられますね。枠は食いますが出張性能は高いのでこれから様々なデッキに投入されるかもですね。まさに異世界転生状態ですな。

パーツが高騰傾向

《アラメシアの儀》や《聖殿の水遣い》といった主要パーツ達も初動から高騰していますね。初動が一番安かったパターンになりそうです。

カード
スポンサーリンク
よろしければフォローよろしくです!
遊戯王JOY

コメント