【大会結果】勢力を伸ばす『コード・トーカー』デッキ

現在の群雄割拠な環境の中、勢いが出ているデッキの1つに【コード・トーカー】があります。

最高峰リンク4モンスター《アクセスコード・トーカー》を最も上手に扱えるデッキかつ展開に安定感もある非常に強いデッキですねぇ(*’ω’*)

スポンサーリンク

《サイバネット・マイニング》不採用でお財布にも優しい

サーチは《レディ・デバッガー》を採用して《サイバネット・マイニング》は不採用。

《レディ・デバッガー》で手札からもリンク素材にできる《マイクロ・コーダー》をサーチし「コード・トーカー」をリンク召喚すると「サイバネット」魔法・罠をサーチできるアドを稼ぐシステムが確立されていますねぇ(>ω<)

《マイクロ・トーカー》のサーチ先は早く引き込みたいが沢山積みたくはないジレンマキーカード《サイバネット・コーデック》素早くアクセスする事で後続が途切れないようになっています。

《サイバネット・コーデック》
永続魔法
このカード名の効果は同一チェーン上では1度しか発動できない。
(1):「コード・トーカー」モンスターがEXデッキから自分フィールドに特殊召喚された場合、
そのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターと同じ属性のサイバース族モンスター1体をデッキから手札に加える。
このターン、同じ属性のモンスターを自分の「サイバネット・コーデック」の効果で手札に加える事はできない。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分はサイバース族モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

《パラレルエクシード》《サイバース・ガジェット》で高い展開補助力

この2枚のカードは非常に頼もしい展開補助カードですなぁ。《パラレルエクシード》はリンク主体のデッキならどれにでも入りうる可能性を秘めています。(私もリンク軸【アダマシア】に採用しております)

またギラリと光るカードとして最近話題にもなっている《デコード・トーカー・ヒートソウル》

《デコード・トーカー・ヒートソウル》
リンク・効果モンスター
リンク3/炎属性/サイバース族/攻2300
【リンクマーカー:上/左下/右下】
属性が異なるサイバース族モンスター2体以上
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードの攻撃力は、このカードのリンク先のモンスターの数×500アップする。
(2):自分・相手ターンに1000LPを払って発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。
その後、自分のLPが2000以下の場合、以下の効果を適用できる。
●フィールドのこのカードを除外し、
EXデッキから「デコード・トーカー・ヒートソウル」以外の
リンク3以下のサイバース族モンスター1体を特殊召喚する。

自分・相手ターンにドローができる重要なアド源。LPが少ないと更に大きなリターンを得る事ができます。正直これほど優秀なドローソースは稀なので「サイバース」多めなデッキなら大活躍出来そうですな。

そしてフィニッシャーの《アクセスコード・トーカー》《アップデートジャマー》を利用しての2回攻撃&墓地の豊富な属性が揃っていると大量破壊。チェーン不可と正しくエースですな(*’ω’*)

コメント