『カード考察』他テーマで使う《真血公ヴァンパイア》墓地肥やしの達人・蘇生もできる

今回はカード考察、考えていくカードは『バトル・オブ・カオス』で登場した《真血公ヴァンパイア》【ヴァンパイア】での新規ランク8となりますが、素材指定も無いので汎用として運用する事ができます。

効果の方も恩恵を受けれるテーマが色々ありそうですね。

エクシーズ・効果モンスター
ランク8/闇属性/アンデット族/攻3000/守2800
レベル8モンスター×2体以上
元々の持ち主が相手となるモンスターをこのカードのX召喚の素材とする場合、そのレベルを8として扱う。
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードは墓地以外から特殊召喚されたモンスターの効果の対象にならない。
(2):このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
お互いのデッキの上からカードを4枚墓地へ送る。
この効果でモンスターが自分・相手の墓地へ送られた場合、さらに自分は墓地へ送られたそのモンスター1体を選んで自分フィールドに特殊召喚できる。

ランク8といえば現在かなりの激戦区ですね。高い除去能力を持つ《宵星の機神ディンギルス》やとてつもない打点を叩き出す《No.97 龍影神ドラッグラビオン》からの「ヌメロン・ドラゴン」に魔法を止める「タイタニック・ギャラクシー」

ランク8を出せるテーマで通常運用ならやはりこれらのカードが優先的にチョイスされるかと。ただしデッキによっては多大なアドバンテージ獲得を狙えるのが《真血公ヴァンパイア》です。

コントロール奪取したモンスターをレベル8扱いとしてエクシーズできるので汎用ならば《精神操作》や《大捕り物》でエクシーズ召喚をサポートする事もできますな。

墓地以外から特殊召喚されたモンスター効果の対象にならない耐性はまずまずといった所ですが、本命はやはりお互いにデッキトップ4枚を墓地へ送る効果。

捲れたカードの中にモンスターがあれば自分・相手問わず特殊召喚する事が可能。

相手も墓地活用テーマだと友情コンボが成立しかねないですが、自分が墓地肥やしするメリットがそれに打ち勝つならば採用する価値は大いにありかと思います。

各種相性が良いテーマ

【カオス】

テーマ外での活用先としては【カオス】デッキで「カオス・エンペラー」「開闢の使者」「レヴィオニア」といったカオスモンスター達がレベル8なのでエクシーズ素材にピッタリ。

またレベル8シンクロをすれば「カオス・ルーラー」で墓地肥やしを行い「ヴァンパイア」で更に墓地を肥やせます。

【溟界】

墓地リソースが重要な爬虫類族テーマ、最上級モンスター各種にレベル8が存在するのでランク8も現実的なライン。

【青眼】

8軸のドラゴン族デッキ、墓地へ送られるとリクルート・サーチを行える各種「白石」が落ちるとアドバンテージに繋がります。「ブルーアイズ・ジェット・ドラゴン」と並べると「ヴァンパイア」の耐性に加えて破壊耐性を持たせる事ができ、結構な硬さに。

ドラゴン隊長
ドラゴン隊長

吸血鬼はやはりカッコいい…MTGでも悪魔城ドラキュラのイラストレーターさんが手掛けた吸血鬼が発表されました。

コメント