スポンサーリンク

発売前日【アダマシア】が気になる

スポンサーリンク

明日発売のデッキビルドパック・シークレットスレイヤーズ

中でも個人的に気になっているのが魔救こと【アダマシア】です。なのでアダマシアを花粉症でボーッとしつつも考えてみます。

組んでもデュエルスペースが閉鎖状態で回せないのでゆったりです、それと若干新ルールを見越しての考えでもあります。

大まかなデッキの動きは画像の様な感じですね。チューナーを展開し、デッキをめくって「奇石」を当ててSSしていくテーマです。魔法等でトップを積み込みしていくので的中率はある程度約束されています。

シンクロモンスター

アダマシアのシンクロモンスターは自分メインフェイズにトップを5枚捲っての効果、自分の墓地のモンスター属性による効果を共通で持ち合わせております。

《魔救の奇跡ードラガイト》

アダマシアのエースモンスター、攻撃力3000、捲る効果は捲れた岩石族モンスターの数まで選んでバウンス。

自分墓地の水属性モンスターが存在し、相手が魔法・罠を発動した場合、その発動を無効にし破壊する。

除去と妨害を兼ね備えてるので扱いやすいエースですねぇ。先攻時はこのカードを着地させたいですね!バウンスも捲れた数までなので必要な数だけに調整できます。

《魔救の奇跡ーラプタイト》《魔救の奇跡レオナイト》

まとめて紹介(スマヌ)

ラプタイトは捲れた岩石族1体を守備表示でSS、墓地に風属性があると相手ターンに相手の墓地から対象1枚を除外。

レオナイトは捲れた「アダマシア」カードを1枚手札に加える。墓地に炎属性があると相手ターンに岩石族を蘇生します。

岩石族はいっぱいプッシュされている下地がある!?

岩石族テーマが来ると強そうな方々、ただよく見ると【アダマシア】だと相性的に微妙な可能性があります…(^O^;)一緒に再録される《ブロック・ドラゴン》も強いのですが【アダマシア】の属性はバラけているので積みたいけど1枚が精一杯かも…

岩石族公開がコストの「コアキメイル」達とは何気に相性が良いので妨害主体で組む時は頼りになりそうです。

初動に困る可能性も

2種類ある魔法、どちらもトップ操作を行う重要なカードです。フィールド魔法の《アダマシア・ラピュタイト》通常魔法の《魔救の息吹》どちらも初動を支えるカードですが、いかんせん2種類なので初動から安定さすには少ないかもしれません、これらが無い場合は運頼みで5枚捲りに賭ける事になりそう。

繋がりだした時の爆発力

やはりシンクロテーマだけあって上手く回りだすと手に負えない爆発力がありそうです。特に召喚に制限が付かないので《クリスタルウイング・シンクロ・ドラゴン》《氷結界の龍 トリシューラ》等、過去猛威を奮ったカード達の使用も視野に入れています。

エースの《魔救の奇跡ードラガイト》 ですら素材に縛りは無いので、6、8と階段式にシンクロする場合は《氷結界の龍 ブリューナク》《スターダスト・チャージ・ウォリアー》等を入れておくと良いかもしれませんねぇ。

デッキビルド産のテーマはレギュラーで新規を貰いやすいのでそこにも期待ですね!あと岩石サポが来ると恩恵を受けれるので伸び代は沢山あるかと思われます!

テーマ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
遊戯王JOY

コメント