PR

マスターデュエルでリミットレギュレーション改訂が発表【相剣】【ふわんだりぃず】に規制

記事内に広告が含まれています。

「マスターデュエル」にてリミットレギュレーション改訂が発表されました。

規制が入るテーマは【相剣】【烙印】【ふわんだりぃず】となっています。

緩和されるのは【プランキッズ】【閃刀姫】【幻影騎士団】【電脳堺】になります。

スポンサーリンク

適用は2022年10月28日から

マスターデュエルリミットレギュレーション
マスターデュエルリミットレギュレーション

今回の改訂は規制は準制限化のみとなっています。

ここしばらく「マスターデュエル」は毎月ある感じですかね、フットワークが軽いのはいい所とも言えますが。

準制限となるのは《相剣軍師-龍淵》《烙印開幕》《ふわんだりぃずと謎の地図》の3枚となります。

個人的に【相剣】を握っているので「龍淵」規制は地味につれぇっす、環境には居るっちゃ居ますが何故に今感が無くもないですね…しかしシングル戦のマスターデュエルだとサイドからトークンコレクターでメタるとかは確かに難しいですが。

残り2枚についてはOCGでも規制されていますし、まぁ納得ですかね。

緩和カードからは《プランキッズ・ロック》《閃刀姫-ウィドウアンカー》《幻影騎士団ティアースケイル》《電脳堺悟-老々》となっています。

この辺りはもう許された感じでしょうかね、各テーマと一緒に猛威を振るっていたカード達が禁止になっていますし。

コメント