【教導(ドラグマ)】テーマ解説

2020年4月の「ライズ・オブ・ザ・デュエリスト」から登場したテーマ。

他の様々なテーマを出張として取り込み、非常に懐の広いテーマです。

お互いのEXデッキを破壊して効果を狙っていくメタ要素が戦略のひとつ。

同パック収録の《影依の偽典》とは特に相性がよく、メイン1枚でシャドール融合モンスターを扱う事が可能、また【召喚獣】も出張として定番。

とりあえず基本的な部分を書いたので後々色々書き足していきます。

スポンサーリンク

デッキの主力となる「ドラグマ」モンスター

《教導の聖女エクレシア》


効果モンスター
星4/光属性/魔法使い族/攻1500/守1500
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):EXデッキから特殊召喚されたモンスターがフィールドに存在する場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「教導の聖女エクレシア」以外の「ドラグマ」カード1枚を手札に加える。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分はEXデッキからモンスターを特殊召喚できない。
(3):このカードはEXデッキから特殊召喚されたモンスターとの戦闘では破壊されない。

EXデッキから特殊召喚されたモンスターが居れば特殊召喚と緩い特殊召喚条件を持つキーカード。

相手が特殊召喚したモンスターでも良いので後攻ならそのまま特殊召喚が出来たりするかも。

(2)の効果は自身同名以外の「ドラグマ」カードをサーチと非常に広いサーチ範囲を持っておりますが、発動後はEXデッキからモンスターを特殊召喚できない縛りが発生します。

(3)はEXデッキから特殊召喚されたモンスターとの戦闘で破壊されない耐性、自身のATKが1500なのでメインの下級に倒されやすいです。

ステータス的に「霊使い」サポートを共有できる要素もありますね(*’ω’*)

特殊召喚条件の為のEXデッキからSSされたモンスターは「シャドール」融合体や「召喚獣」その他には各種リンク1モンスターで補うの簡単。

《教導の騎士フルルドリス》


効果モンスター
星8/光属性/魔法使い族/攻2500/守2500
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):EXデッキから特殊召喚されたモンスターがフィールドに存在する場合、自分・相手のメインフェイズに発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
自分フィールドに他の「ドラグマ」モンスターが存在する場合、さらにフィールドの表側表示モンスター1体を選んでその効果をターン終了時まで無効にできる。
(2):自分の「ドラグマ」モンスターの攻撃宣言時に発動できる。
自分フィールドの全ての「ドラグマ」モンスターの攻撃力は500アップする。

「エクレシア」とよく似た特殊召喚効果持ち、相手のメインフェイズでも特殊召喚出来るようになっています。

自軍に他「ドラグマ」モンスターが存在すればフィールドの表側モンスターを対象を取らず効果を無効に「エクレシア」でサーチするなどして構えたいモンスターですね。

(2)は「ドラグマ」モンスターの攻撃宣言時に自軍の全「ドラグマ」の攻撃力を永続500アップ。このカードが3000打点になるのは頼もしいですね。

《教導の大神祇官》

効果モンスター
星8/光属性/魔法使い族/攻1500/守3000
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の墓地から融合・S・X・リンクモンスター1体を除外して発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):自分メインフェイズに発動できる。
自分のEXデッキからカード名が異なるモンスター2体を墓地へ送る。
相手は自身のEXデッキからモンスター2体を墓地へ送る。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分はEXデッキからモンスターを特殊召喚できない。

墓地から融合・S・X・リンクモンスターを除外して特殊召喚できるモンスター。

《天底の使徒》や《ドラグマ・パニッシュメント》などEXデッキからの墓地送りが簡単だったり「エクレシア」の特殊召喚で参照したモンスターが墓地へ送られていれば条件が揃います。

(2)の効果はお互いEXデッキから異なるカード名のモンスターを2体墓地送り。EXデッキ破壊力が高いカード。

《旧神ヌトス》などを落とせば破壊効果を使え《灰燼竜バスタード》を落とせばエンドフェイズに「ドラグマ」または「アルバスの落胤」をリクルートをする事が可能。

《アルバスの落胤》

効果モンスター
星4/闇属性/ドラゴン族/攻1800/守 0
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、手札を1枚捨てて発動できる。
融合モンスターカードによって決められた、このカードを含む融合素材モンスターを自分・相手フィールドから墓地へ送り、その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。
この効果で融合召喚する場合、このカード以外の自分フィールドのモンスターを融合素材にできない。

《超融合》と類似した効果を持つモンスター、正式に「ドラグマ」カードではありません。むしろストーリー的に対立関係にあると思われます。

ストーリーを追う毎に融合体が増えていっているので吸い取れる範囲が広がっているカード。

相手が闇なら《スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン》が成立します。

彩る魔法・罠・強力な物が多い

《天底の使徒》

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):EXデッキからモンスター1体を墓地へ送る。
その後、墓地へ送ったモンスターの攻撃力以下の攻撃力を持つ、「ドラグマ」モンスターまたは「アルバスの落胤」1体を自分のデッキ・墓地から選んで手札に加える。
このカードの発動後、ターン終了時まで自分はEXデッキからモンスターを特殊召喚できない。

EXデッキから墓地送りをして「ドラグマ」モンスターか《アルバスの落胤》をサーチorサルベージするカード。

ターン終了時までEXデッキからモンスターを特殊召喚できない縛りが発生。

《エルシャドール・アプカローネ》を墓地へ送り、効果で罠融合である《影依の偽典》をサーチすれば相手ターンに「シャドール」融合モンスターを融合召喚する事ができます。

《ドラグマ・パニッシュメント》

通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力以上の攻撃力を持つモンスター1体を自分のEXデッキから墓地へ送り、対象のモンスターを破壊する。
このカードの発動後、次の自分ターンの終了時まで自分はEXデッキからモンスターを特殊召喚できない。

相手モンスターを対象にそのモンスター以上の打点を持つモンスターをEXデッキから墓地へ送り、対象を破壊。

《旧神ヌトス》で破壊できる範囲だと2枚破壊になる強力な破壊札、しかし次の自分のターン終了時までEXデッキからモンスターを特殊召喚できないと長い縛りが発生します。

エクストラデッキのモンスター墓地効果を狙っていこう

《旧神ヌトス》

融合・効果モンスター
星4/光属性/天使族/攻2500/守1200
Sモンスター+Xモンスター
自分フィールドの上記カードを墓地へ送った場合のみ特殊召喚できる。
自分は「旧神ヌトス」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。
(1):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
手札からレベル4モンスター1体を特殊召喚する。
(2):このカードが墓地へ送られた場合、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

墓地へ送られると破壊効果を発動できる定番カード。

《中生代化石騎士 スカルナイト》

融合・効果モンスター
星6/地属性/岩石族/攻2400/守1100
岩石族モンスター+レベル5・6のモンスター
このカードは「化石融合-フォッシル・フュージョン」の効果でのみEXデッキから特殊召喚できる。
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。
(2):このカードの攻撃でモンスターを破壊した時に発動できる。
このカードはもう1度だけ続けて攻撃できる。
(3):墓地のこのカードを除外し、フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊する。

「ヌトス」とよく似た効果、こちらは起動効果となっています。また使うのではなく「ドラグマ」対策カードとして使われる事も多い1枚。

《灰燼竜バスタード》

融合・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻2500/守2000
「アルバスの落胤」+攻撃力2500以上のモンスター
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードの攻撃力は、このカードの融合素材としたモンスターの元々のレベルの合計×100アップする。
(2):このカードが融合召喚に成功したターン、このカードはEXデッキから特殊召喚された他のモンスターが発動した効果を受けない。
(3):このカードが墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。
デッキから「ドラグマ」モンスターまたは「アルバスの落胤」1体を選び、手札に加えるか特殊召喚する

《アルバスの落胤》で融合できるモンスター、素材は攻撃力2500以上と主人公エース打点以上なら吸い込めます。

素材の元々のレベル×100パンプなので《アルバスの落胤》での+400は見込めます。

融合召喚したターンは他のEXデッキからのモンスターが発動した効果を受けない耐性も持ち合わせております。

(3)の効果はEXから墓地送りが得意な【ドラグマ】では重宝する効果、状況に合わせて適宣なカードをサーチorリクルートしましょう。

コメント