手札誘発と指名者|環境必須カードだけで回る4ステップ

環境必須カードとも言われているのはご存知《増殖するG》《灰流うらら》《墓穴の指名者》の三種の神器。

そこへスロットに余裕があれば《抹殺の指名者》を採用される事も珍しくはありません。

それらの必須と言われるカード達だけで進行ステップが回っているんですねぇ。

スポンサーリンク

現代遊戯王に追いつける妨害札の強さ

フリーやカジュアルでは嫌われる傾向もあり、その気持ちもよく分かりますがトーナメントとなると流石にそうはいきません。また必要悪という声もありますが、個人的にはそれくらいゲームバランスというかパワーバランスが歪みだしているのかとも思えます。

さて、今回のお題のカードは現代遊戯王について来れる汎用妨害、《増殖するG》は対応できないと負けも見えてくるレベルですからね。そしてそれに対応する《灰流うらら》それに対する《墓穴の指名者》それを無効にする《抹殺の指名者》中にはこの流れになった事がある方もいらっしゃるかと。

もうこれらの必須カード内で3すくみ、または4すくみ、みたいな状態が完成されているのですねぇ。

最近では《PSYフレームギア・γ》もシェアを伸ばしていますな。

これらから何かを欠ける事になるとデュエルは制御不能に陥るかもしれませんし、非常にデリケートな部分でもあるかと思われます。

勿論これらを採用し膨れ上がった誘発枠を引きすぎて動けずに負けるのも珍しい話ではなく、それ故に環境に居るデッキは最低限のカードで初動となったりアクセス手段が豊富なテーマが多いです。

初動に対する要求が高いデッキに混ぜると強いノイズになっちゃいますからね(体験談)

手札誘発を搭載しないデッキとしては【真竜】は《命削りの宝札》を採用するのが主流で手札誘発は採用しませんし【エルドリッチ】にも手札誘発は積まなれなかったりします。

罠型デッキとなると先攻時に《神の宣告》などパワフルなカウンター罠を積む事もありなんだかんだで決まるとリターンはかなり大きいですね。高速な相手に後攻時だとそれなりに重くなったりもするのですが…

これらの状態は何か革新的なカードが登場するまで続く事になりそうです。

コメント