遊戯王買取相場・レアリティを問わなければ増Gやうららもお安くなった

灰流うらら

今回の買取相場、汎用カード寄りです。

こう見てみてると遊戯王でほぼほぼ必須系のカードも随分落ち着き出しましたねぇ。

ストラクやレアコレでの再録がしっかり効いている感じがします。

あと個人的に規制されなさそうで強い【ラビュリンス】の期待が高いです。

灰流うらら

《白銀の城の召使いアリアンナ》が1200円買取と高い水準をキープ【ラビュリンス】は規制の可能性も低く、あったとしてもかなり浅めな規制になりそうなので安定しそうですね。

《灰流うらら》は400円買取、再録を重ねてレアコレ発売前でもやっとこの値段に落ち着き出しました。

ひっくり返す手段として優秀な《拮抗勝負》が300円買取、いきなりバトルフェイズに移行を宣言されるとゾッとしちゃいますよねぇ。

現代遊戯王でほぼほぼ必須的なポジの《増殖するG》が400円買取、ストラクチャーデッキ「蟲惑魔の森」で再録されるので落ち着いてきそうですね。

《無限泡影》がスーパーで500円買取、優秀な通常罠で罠カードのファーストチョイスとなっているカードですね、こちらもレアコレ辺りで再録されないかなぁ?とか思っています。

大量展開メタである《原始生命態ニビル》が200円買取、採用・非採用は環境に大きく左右されるカードなので相場も波を描きがちなカード、安いうちにある程度枚数持っておくが吉な種類のカード。

ストラクチャーデッキ「蟲惑魔の森」と良相性な《迷宮城の白銀姫》が300円買取、ストラク発売後需要が上がりそうなので価格相場もあがるかもしれない1枚、個人的に今イチオシのカード。

出張で一定の地位を築いている【御巫】から《オオヒメの御巫》が500円買取、出張でも大暴れしている訳ではなく程よいポジションにつけていますね。

「セレクション5」でのイラスト違いの「リィラ」がウルトラで1800円買取、ウルトラでも封入率は低いので流石のお値段ですな。

コメント