《ホールティアの蟲惑魔》「ホール」「蟲惑魔」名称の罠モンスター

ホールティアの蟲惑魔

ストラクチャーデッキ「蟲惑魔の森」の新規収録カード《ホールティアの蟲惑魔》

恵まれたカード名称、セットしたターンに発動が可能な罠モンスターと展開補助として便利なカードとなっています。

スポンサーリンク

《ホールティアの蟲惑魔》

ホールティアの蟲惑魔
通常罠
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
このカードは手札から通常罠カード1枚を捨て、セットしたターンに発動する事もできる。
(1):このカードは発動後、通常モンスター(植物族・地・星4・攻400/守2400)となり、
モンスターゾーンに守備表示で特殊召喚する(罠カードとしては扱わない)。
(2):墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の「蟲惑魔」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

「ホール」「蟲惑魔」両方のカテゴリに属するのでサポートが充実

名称に恵まれており「ホール」では《カズーラの蟲惑魔》などの「ホール」「落とし穴」通常罠の発動トリガーになってくれます。

「蟲惑魔」では《トリオンの蟲惑魔》でのサーチ対応が1番メジャーではないでしょうか。

手札を捨てるとセットしたターンでも発動する事ができ罠特有のタイムラグがありません。

《カズーラの蟲惑魔》
効果モンスター
星4/地属性/植物族/攻 800/守2000
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードはモンスターゾーンに存在する限り、「ホール」通常罠カード及び「落とし穴」通常罠カードの効果を受けない。
(2):自分が「ホール」通常罠カードまたは「落とし穴」通常罠カードを発動した場合に発動できる。
デッキから「カズーラの蟲惑魔」以外の「蟲惑魔」モンスター1体を選び、手札に加えるか特殊召喚する。

発動するとレベル4・植物族の罠モンスターに

発動すると罠モンスターにレベル4なので各ランク4やリンク素材として有用。

類似カードでは《幻影騎士団シェード・ブリガンダイン》があります「ブリガンダイン」は手札コスト無しでセットしたターンに発動が可能ですが墓地に罠が無い場合となるので罠を多用する【蟲惑魔】では初手以外では遅れがちですかねぇ。

幻影騎士団シェード・ブリガンダイン
《幻影騎士団シェード・ブリガンダイン》
通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
自分の墓地に罠カードが存在しない場合、このカードはセットしたターンでも発動できる。
(1):このカードは発動後、通常モンスター(戦士族・闇・星4・攻0/守300)となり、モンスターゾーンに守備表示で特殊召喚する(罠カードとしては扱わない)。

墓地から除外する事で「蟲惑魔」を蘇生

自分の墓地の「蟲惑魔」を蘇生する効果、墓地除外するだけで蘇生できるのは良い効果ですね、またフリーチェーンの罠カードなので相手ターンでの蘇生にも対応して柔軟に立ち回れるのも強み。

しかし(1)の効果とは1ターンにいずれか1つなので1ターンで両方の効果は使えません、まぁフリーチェーンなので相手にターンを回して使えるのでラグとしては最低限とも。

【ラビュリンス】でも面白そう

白銀の城の召使いアリアンナ

通常罠での罠モンスターかつセットしたターンに使える利点で【ラビュリンス】でも使えそうですね。

《白銀の城の召使い アリアンナ》などと併用すればランク4エクシーズ戦術を伸ばす事ができます。

またセットしたターンに通常罠を使えるので各種「ラビュリンス」カードのトリガーを能動的に引いていく事が可能。

ドラゴン隊長
ドラゴン隊長

非常に手堅い罠モンスター新規となっていますねぇ。

コメント