《クシャトリラ・フェンリル》考察・絶対的な採用数・次の改訂で規制も十分あり得る

クシャトリラ・フェンリル
クシャトリラ・フェンリル

今回は現代遊戯王において最高クラスの採用率を誇っている《クシャトリラ・フェンリル》について。

緩い特殊召喚条件・同名サーチ可能・除外による除去と世紀末な性能をしています。

そりゃ採用されるよねってカードですな、次回リミットレギュレーション改訂での規制の可能性も考えて書いていきます。

スポンサーリンク

似たカードである《ダイナレスラー・パンクラトプス》はOCG制限・MD準制限

クシャトリラ・フェンリル

《クシャトリラ・フェンリル》

効果モンスター
星7/地属性/サイキック族/攻2400/守2400
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドにモンスターが存在しない場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
(2):自分メインフェイズに発動できる。
デッキから「クシャトリラ」モンスター1体を手札に加える。
(3):このカードの攻撃宣言時、または相手がモンスターの効果を発動した場合、相手フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを裏側表示で除外する。

自分フィールドにモンスターが居ないだけで特殊召喚と緩い召喚条件、先攻からでも置けるのが強いですね。

更に(2)の効果は「クシャトリラ」モンスターサーチ、どういう訳か同名カードまでサーチできるので「フェンリル」だけ複数採用しても機能する効果、そりゃあ出張に適していますね。

(3)は攻撃宣言または相手モンスター効果に反応しての対象を裏側除外、裏側で除外するので再利用を困難にしつつ除去をする事ができます。

除去範囲も表側カードとかなり広いです、相手モンスター効果以外でも攻撃宣言で発動できるので能動的に発動していけて相手が動いても自分からでもトリガーを引いていく事ができます。

このカードで思い出すのはやはり《ダイナレスラー・パンクラトプス》でしょうか。

《ダイナレスラー・パンクラトプス》

ダイナレスラー・パンクラトプス
効果モンスター
星7/地属性/恐竜族/攻2600/守 0
このカード名の、(1)の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手フィールドのモンスターの数が自分フィールドのモンスターより多い場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
(2):自分フィールドの「ダイナレスラー」モンスター1体をリリースし、相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
この効果は相手ターンでも発動できる。

よく比較として挙げられますね、ただ完全下位互換上位互換という訳ではないです「パンクラトプス」は相手の方がモンスターが多いと特殊召喚、先攻では中々機能しないですが自分フィールドにモンスターが居ても劣勢であれば特殊召喚できるのは強み。

また除去効果は自身リリースコストでフリーチェーンでの破壊、自身をリリースなのでボード・アドバンテージを損なってしまいますが《スキルドレイン》《エフェクト・ヴェーラー》などを避けながら除去をする事ができます。

現在(22/10)OCGでは制限カード、マスターデュエルでは準制限カードに指定されています。

マスターデュエルだとサイドデッキが無いのでメタカードへの回答として緩和されたのかな?と推測しています。

【クシャトリラ】デッキになるとそりゃあもっと強い

ティアラメンツ・クシャトリラ

【クシャトリラ】テーマのカードなので【クシャトリラ】で使えば更に強いです(当然)

蘇生・帰還効果を持つ永続魔法《クシャトリラ・バース》によって恒久的に使用する事ができたり「フェンリル」のサーチで他の「クシャトリラ」にアクセスしたり。

《ティアラメンツ・クシャトリラ》や《スケアクロー・クシャトリラ》は【ティアラメンツ】【スケアクロー】とテーマを跨いでいるモンスター。

どちらもそれらのテーマとの相性も考えられているカードとなっており、混合構築する際に強力な武器となってくれます。

「フェンリル」を出張させつつ「ティアラメンツ」「スケアクロー」の動きまで強化され2度美味しくなります。

規制は入る?入らない方がおかしいレベルになっている

《ダイナレスラー・パンクラトプス》が規制されてるなら当然このカードにも付いて回るのが規制の可能性。

当然このカードが規制される確率はかなり高いと思われます。

【クシャトリラ】では大事なモンスターサーチなので1発禁止は流石に無さそうですが制限・準制限は2023年1月の次回改訂では十分にあり得ます。

登場したのが2022年7月の「ダークウィング・ブラスト」なので丁度規制が入る出てから半年にも当てはまりますしね。

逆に次回改訂でノータッチだった方がビビるかもしれませんな。

コメント