【機巧】「サイバー」での対応モンスター多し|デッキ方向の1つ

『ドーンオブマジェスティ』にてテーマ化した【機巧】ダ・イーザ型が出てきたりしていますが今回は「サイバー」との混合。

何気に攻守が同じ対応モンスターが多い機械族なのでジワッとシナジーしてたりします。

スポンサーリンク

インフィニティによる制圧プラス打点増し

《サイバー・ドラゴン・ネクステア》

自己SSも可能なモンスター、攻撃力か守備力2100の機械族を蘇生、機巧は対応していませんが打点アップ効果を持つズィーガーを釣り上げる事で突破力を上げる事ができます。

また《サイバー・ドラゴン》を蘇生して素材化、ノヴァを蘇生してインフィニティを重ねるなどなど便利なカード。これで自己SSできるのですから優等生ですねぇ。

《サイバー・ドラゴン・ヘルツ》

レベル1モンスター、特殊召喚されるとレベル5になり墓地へ送られると「サイバー・ドラゴン」をサーチorサルベージ。

レベル5になるのでランク5の素材として優秀、効果発動は特殊召喚のみなので機巧以外にも《ワン・フォー・ワン》などのサポートがあると安心。

《サイバー・ドラゴン・ズィーガー》

パンプアップ手段、戦闘力が上がる事により「天迦久御雷」で装備した相手モンスターの特殊召喚条件を後押ししてくれます。

《キメラテック・メガフリート・ドラゴン》

融合・効果モンスター
星10/闇属性/機械族/攻 0/守 0
「サイバー・ドラゴン」モンスター+EXモンスターゾーンのモンスター1体以上
自分・相手フィールドの上記カードを墓地へ送った場合のみ、EXデッキから特殊召喚できる(「融合」は必要としない)。
このカードは融合素材にできない。
(1):このカードの元々の攻撃力は、このカードの融合素材としたモンスターの数×1200になる。

相手のEXゾーンを吸い取り、ルール変更で多少弱体した感はありますが、それでもリンクモンスターは非常に強力なカードが揃っているので咄嗟の返し札として活躍できそうですね。

《サイバー・ドラゴン・ノヴァ》《サイバー・ドラゴン・インフィニティ》

機械族デッキでランク5が出るなら定番のセット。

《オーバーロード・フュージョン》

通常魔法
(1):自分のフィールド・墓地から、機械族・闇属性の融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを除外し、その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。

各種「キメラテック」融合体を展開してあわよくばワンショットを狙えるカード。除外したカードも「御神尊真神」でデッキ修復する事も可能。

ここら辺の採用は好みが分かれてるくるかと思いますねぇ。兵は拙速を尊ぶという事でデュエルを高速で決めにいきたい方針の際にオススメ。

ストラクも出てサイバーのパーツも集めやすくなりましたねぇ。(ズィーガーから目をそらしつつ)

コメント