《ピリ・レイスの地図》とても広い範囲のサーチ札|良相性テーマ多数

『ANIMATION CHRONICLE 2021』にて収録される《ピリ・レイスの地図》

サーチカードですが、その広い範囲によって多種多様なデッキにおいて採用が見込まれそうなカードですねぇ。

スーパーレアとか光ってるとトップレア候補になりそうな予感をヒシヒシと感じます。

スポンサーリンク

【幻魔】【DD】【時械神】は特に恩恵を受けれそうモルモラットも対応

《ピリ・レイスの地図》

通常魔法
(1):自分メインフェイズ1開始時に発動できる。
デッキから攻撃力0のモンスター1体を手札に加え、自分のLPを半分にする。
このカードの発動後、次のターン終了時まで、自分はこの効果で手札に加えたモンスターまたはその同名カードの召喚に成功しない限り、そのモンスター及びその同名カードの効果を発動できない。

攻撃力0という広い範囲をタダではサーチさせてくれません、LP半分と召喚に成功しないと次のターン終了時同名の効果を発動できません。

LP半分はコストではなく効果によるものなので発動を無効にされてもライフは残ります。

そして召喚しないと発動不可は《ワンチャン!?》にも似た性質で《灰流うらら》などが攻撃力0なのでそれらをサーチしても召喚しなければ発動不可の措置は当然と言えるでしょう。

このカードでサーチする主な所は【幻魔】の「召喚神」シリーズのモンスターは初動になるのでアクセスが増えるのはとてもいい事ですね。パワフルなデッキなので初動の安定性を高めれるのは嬉しい限り。

【DD】でも「ケプラー」をサーチする事で契約書をサーチでき、6枚体制に《ワン・フォー・ワン》も合わせると7枚体制まで取る事ができます。地獄門以外でケプラーへのアクセス手段は望まれていたのでこれは良き力。

【時械神】ではカテゴリ内のカードをほぼサーチする事が可能。

また現在の環境から【鉄獣戦線】からは「ナーベル」が【十二獣】からは「モルモラット」が対応しています。天キの規制が囁かれているな中サーチ手段が増えるという…

ライフ半分はちょっと痛いですが事故りたおすよりかは良いので出来れば持っておきたいカードですねぇ。ノーマルでも500円くらいしてもおかしくなさそうだ…(汗)

新着情報
スポンサーリンク
よろしければフォローよろしくです!
遊戯王JOY

コメント