PR

《倶利伽羅天童》ハマると強力なカード・アタッカーや相手モンスターを蘇生したりとアドアドしい

記事内に広告が含まれています。

《倶利伽羅天童》カード公表時に話題になりましたが、実際に発売されてからはトーナメントシーンで顔を見せないカードですが、カジュアルで使ってハマるとやはりとても強力です。

クセになる強みがあるカードなので持ってる方はお試ししてみると良いかもですよー

スポンサーリンク

《倶利伽羅天童》(くりからてんどう)

特殊召喚・効果モンスター
星1/炎属性/天使族/攻1500/守1500
このカードは通常召喚できない。
このターンに相手のモンスターゾーンで効果を発動した自分・相手フィールドの表側表示モンスターを全てリリースした場合のみ特殊召喚できる。
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードの攻撃力は、このカードを特殊召喚するためにリリースしたモンスターの数×1500アップする。
(2):自分エンドフェイズに、相手の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを自分フィールドに特殊召喚する。

収録となったのは11期2022年4月の「パワー・オブ・ジ・エレメンツ」で【スプライト】や【ティアラメンツ】を輩出したパックですね。

「シークレットユーティリティボックス」で再録されています。

イラストが人気でプリシクなど高レアリティは高額となっています。

効果を発動したモンスターを全てリリース

特徴的なのがその特殊召喚方法、このターンに相手のモンスターゾーンで効果を発動した自分・相手の表側モンスターを全てリリースして特殊召喚。

自分フィールドのリリースもありますがあくまで「相手モンスターゾーン」で効果を発動したモンスターに限ります。

勘違いされやすいですが相手の効果発動をトリガーにする訳ではなく、普通の特殊召喚ルールなので相手ターンに特殊召喚するという事はできません、壊獣などと同じ感じですね。

「壊獣」系だと相手盤面にモンスターを渡しちゃいますが、ここが差別化のポイントの1つかと。

自分ターンに相手モンスターが効果を発動しないと運用が難しいです、しかし現代遊戯王なにかしら相手が置いたモンスターが自分ターンに干渉してくるのはよくある事態です。

リリースした枚数分のパンプアップ

限定的な分強力なリリース除去効果を持つこのカードですが、自身を自分フィールドに特殊召喚でき、更に①の効果で強化を狙えます。

強化値はリリースしたモンスター×1500と高めの上昇値、2体リリースできれば3000打点は強烈です。

自分エンドフェイズに相手モンスターを自分フィールドに蘇生

②の効果によりさらなるアドバンテージをもたらしてくれます。

自分エンドフェイズに相手モンスターを蘇生と純粋に戦力強化を行う事ができます、エンドフェイズなので各特殊召喚素材にしにくいですが、リリースした厄介な制圧効果を持つモンスターなどを蘇生できれば儲けもの。

ミラーマッチやパーツ共通があるとそのエグさは加速します(【HERO】ミラーで「エアーマン」蘇生など)

決まった時のアドバンテージが病みつきになる

総じてリリース除去要員ですが条件が「壊獣」などより厳しい分、リターンがとても大きいモンスターと言えます。

自分フィールドに特殊召喚とパンプアップで戦力としても活用できる可能性と相手モンスターの釣り上げと上手く運用できた時の気持ちよさは半端ないです。

コメント