【マナドゥム】思案・新たな「世壊」シンクロを使うテーマ

ヴィサス=スタフロスト

「サイバーストームアクセス」に収録される「世壊」枠は【マナドゥム】11期最後となるので「ヴィサス」シリーズは今後どうなるかですね。

12期になっても【マナドゥム】は新規が出そうですし続きそうな予感もしてます。

スポンサーリンク

チューナー同士でもシンクロできる「ガトムズ」式

ヴィサス=スタフロスト

《マナドゥム・プライムハート》

シンクロ・効果モンスター
星10/光属性/天使族/攻3000/守3000
チューナー1体以上+光属性モンスター1体
(1):このカードは、このカードのS素材としたチューナーの数まで1度のバトルフェイズ中に攻撃できる。
(2):「マナドゥム」チューナーを素材としてS召喚したこのカードは、相手の効果の対象にならない。
(3):S召喚した表側表示のこのカードが相手によってフィールドから離れた場合に発動できる。
自分の墓地のモンスター及び除外されている自分のモンスターの中から、「ヴィサス=スタフロスト」または攻撃力1500/守備力2100のモンスター1体を選んで特殊召喚する。

名前カッコいいすね…

素材でうっかり見逃しそうなのが片方の素材に「チューナー以外の」文が無いのでチューナー同士でシンクロ召喚が可能。

《XX-セイバー ガトムズ》以来とかなりレアケースですね「ガトムズ」の方は誤植だったのか傭兵というフレーバー的な物だったのか諸説ありますが真相は不明。

シンクロ素材としたチューナー数まで攻撃できるのでチューナーを大量に使ってシンクロするととんでもない攻撃回数になりますね、素打点で3000《マナドゥム・ヒアレス》の効果を使えば3500まで上げる事ができます。

パンプしちゃうとリクルート対象から外れますが大丈夫?

《伍世壊=カラリウム》

フィールド魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できず、このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードの発動時の効果処理として、デッキから「マナドゥム」モンスターまたは「ヴィサス=スタフロスト」1体を手札に加える事ができる。
(2):自分フィールドの光属性モンスターの攻撃力は、自分フィールド・墓地のチューナーの数×100アップする。
(3):自分フィールドの表側表示のチューナーが戦闘・効果で破壊された場合、そのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

「世壊」シリーズお馴染みのフィールド魔法、しっかりサーチ効果を持っています。

しかし問題となるのは「光属性のモンスターの攻撃力が上がる効果」これは攻撃力1500/守備力2100モンスターをサポートする【マナドゥム】の動きを阻害しちゃいませんかね?

これは誤植かなんかである事を祈りますね…流石このままでは使いづらくなりすぎるかと。

《マナドゥム・リウムハート》

効果モンスター
星4/光属性/戦士族/攻1500/守2100
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが手札に存在する場合、自分・相手のメインフェイズに、自分フィールドの、「マナドゥム」モンスターまたは攻撃力1500/守備力2100のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊し、このカードを特殊召喚する。
(2):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「マナドゥム・リウムハート」以外の「マナドゥム」カード1枚を手札に加える。

「リウムハート」もそうですが【マナドゥム】達はこの攻守参照が本当に重要です。

もしこのまま登場するならば「カラリウム」を使って邪魔になれば破壊したり他のフィールド魔法に張り替えるなどの戦術・システムが必要になりそうです。

《伍世壊摘心》

通常魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊し、デッキから「伍世壊=カラリウム」1枚を手札に加える。
自分フィールドに「伍世壊=カラリウム」が存在する場合、代わりに「伍世壊摘心」以外の「マナドゥム」魔法・罠カード1枚を手札に加える事もできる。
(2):墓地のこのカードを除外して発動できる。
手札から「ヴィサス=スタフロスト」または攻撃力1500/守備力2100のモンスター1体を特殊召喚する。

「カラリウム」に対するアクセス手段は用意されています、既にあればボーナス効果で更にサーチと非常においしい効果。

墓地除外効果も展開効果なのでここぞのひと押しとなってくれます。

万能カウンター罠と優秀な蘇生罠を擁する

《伍世壊浄心》

カウンター罠
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドにSモンスターが存在し、モンスターの効果・魔法・罠カードが発動した時に発動できる。
その発動を無効にする。
自分のフィールドまたは墓地に、「ヴィサス=スタフロスト」または攻撃力1500/守備力2100のモンスターが存在する場合、さらにその無効にしたカードを破壊できる。
(2):墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の「マナドゥム」モンスターを3体まで対象として発動できる。
そのモンスターをデッキに戻す。

3種類の効果の発動を無効にできるいわゆる万能カウンター、破壊までする場合はフィールド・墓地に《ヴィサス=スタフロスト》か攻撃力1500/守備力2100のモンスターを要求されますが【マナドゥム】なら容易ですね。

《伍世壊砕心》

通常罠
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の墓地の、チューナーまたはSモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果で光属性モンスターを特殊召喚した場合、さらにその攻撃力以下の攻撃力を持つ相手フィールドのモンスター1体を選んで破壊できる。
(2):自分フィールドの、「ヴィサス=スタフロスト」または攻撃力1500/守備力2100のモンスターが戦闘・効果で破壊される場合、代わりに墓地のこのカードを除外できる。

チューナーかシンクロモンスターを蘇生する罠カード、罠ゆえの遅さがありますが光属性モンスターを蘇生するとそのモンスター以下の攻撃力のモンスターを破壊、対象を取らない破壊と強力な除去にもなってくれます。

コメント