PR

【御巫】と相性の良いカードまとめ・攻撃力0・儀式・装備魔法サポーター達を活かそう

記事内に広告が含まれています。

いよいよ今週発売となるデッキビルドパック最新作「アメイジング・ディフェンダーズ」から人気の高い【御巫】から相性の良いカードを紹介。

テーマとしては拡張性がとても高いので様々な構築が見られそうですね。

スポンサーリンク

攻撃力0参照が活きてくる

《ストーンヘンジ》

ストーンヘンジ

装備魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分の墓地の攻撃力0のモンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。
そのモンスターを攻撃表示で特殊召喚し、このカードを装備する。
このカードがフィールドから離れた時にそのモンスターは破壊される。

「アニメーションクロニクル2022」に登場したカード。

攻撃力0のモンスターを蘇生してこのカードを装備は「御巫」達が蘇生範囲かつ装備魔法を装備できます。

蘇生にデメリットなども付かず扱いやすい装備魔法かと、儀式モンスターである《オオヒメの御巫》も蘇生制限を満たしていれば蘇生が可能。

《ピリ・レイスの地図》

ピリ・レイスの地図

通常魔法
(1):自分メインフェイズ1開始時に発動できる。
デッキから攻撃力0のモンスター1体を手札に加え、自分のLPを半分にする。
このカードの発動後、次のターンの終了時まで、自分はこの効果で手札に加えたモンスターまたはその同名カードの召喚に成功しない限り、そのモンスター及びその同名カードの効果を発動できない。

攻撃力0モンスターをサーチできる魔法、自分のLP半分が重たいですが【御巫】にて速攻で攻めてライフを削り切るプランならばLPと引き換えに安定性を重視したい時に有用かと。

召喚しないと効果発動にデメリットが付く点には注意ですが、御巫ならまぁ大丈夫でしょう。

《儀式の準備》

儀式の準備

通常魔法
(1):デッキからレベル7以下の儀式モンスター1体を手札に加える。
その後、自分の墓地の儀式魔法カード1枚を選んで手札に加える事ができる。

儀式サポートカードの定番枠、「御巫」は《儀式の下準備》に対応していませんが儀式モンスターがレベル7以下なのでこちらをサーチ・サルベージカードとして使用できます。

各種「竹光」

妖刀竹光

《妖刀竹光》

装備魔法
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):装備モンスターの攻撃力は0アップする。
(2):このカード以外の自分フィールドの「竹光」カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを持ち主の手札に戻し、装備モンスターはこのターン相手に直接攻撃できる。
(3):このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「妖刀竹光」以外の「竹光」カード1枚を手札に加える。

《黄金色の竹光》

通常魔法
(1):自分フィールドに「竹光」装備魔法カードが存在する場合に発動できる。
自分はデッキから2枚ドローする。

《魂を吸う竹光》

永続魔法
「竹光」と名のついた装備魔法カードを装備したモンスター1体を選択して発動できる。
選択したモンスターが相手ライフに戦闘ダメージを与えた場合、次の相手のドローフェイズをスキップする。
このカードは発動後2回目の自分のスタンバイフェイズ時に破壊される。

いわゆる「竹光セット」新作である《真刀竹光》は相手モンスターを全て破壊できますが、そうなると「御巫」で攻撃するモンスターが居なくなるので相性はそれほど良くないかもしれません、好みや仮想的でまた変わってくる所でもありますが。

《黄金色の竹光》での2ドローや《魂を吸う竹光》によるドローロックは非常に強烈。

《宣告者の神巫》

宣告者の神巫

チューナー・効果モンスター
星2/光属性/天使族/攻 500/守 300
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキ・EXデッキから天使族モンスター1体を墓地へ送る。
このカードのレベルはターン終了時まで、そのモンスターのレベル分だけ上がる。
(2):このカードがリリースされた場合に発動できる。
手札・デッキから「宣告者の神巫」以外のレベル2以下の天使族モンスター1体を特殊召喚する。

現代の儀式デッキにて有力なモンスター。

EXデッキから《虹光の宣告者》を墓地へ送る事で儀式関連カードをサーチする事ができます。

これにより《宣告者の神巫》のレベルが6になるので《オオヒメの御巫》の儀式リリースとして賄う事ができます。

《聖騎士の追想 イゾルデ》

聖騎士の追想イゾルデ

リンク・効果モンスター
リンク2/光属性/戦士族/攻1600
【リンクマーカー:左下/右下】
戦士族モンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから戦士族モンスター1体を手札に加える。
このターン自分は、この効果で手札に加えたモンスター及びその同名モンスターを通常召喚・特殊召喚できず、そのモンスター効果も発動できない。
(2):デッキから装備魔法カードを任意の数だけ墓地へ送って発動できる(同名カードは1枚まで)。
墓地へ送ったカードの数と同じレベルの戦士族モンスター1体をデッキから特殊召喚する。

装備魔法のプロフェッショナル。

素材として必要な戦士族モンスターも《剣の御巫ハレ》が戦士族で再録されるこちらも装備魔法を得意とする《焔聖騎士-リナルド》も戦士族なので、もう使えという導線がありますね。

サーチにリクルート・墓地肥やしとこのカードがもたらすアドバンテージは各装備魔法を使用するデッキで証明済み。

《ゴッドフェニックス・ギア・フリード》

ゴッドフェニックス・ギア・フリード

効果モンスター
星9/炎属性/戦士族/攻3000/守2200
このカード名の(1)(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分のフィールド・墓地から装備魔法カード1枚を除外して発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードが攻撃するダメージステップ開始時に発動できる。
このカード以外のフィールドの表側表示モンスター1体を選び、攻撃力500アップの装備カード扱いとしてこのカードに装備する(1体のみ装備可能)。
(3):モンスターの効果が発動した時、自分フィールドの表側表示の装備カード1枚を墓地へ送って発動できる。
その発動を無効にし破壊する。

装備魔法テーマでなんとかしてくれる人。

特殊召喚条件も非常に緩く、打点も3000あり、攻撃時にモンスターを装備する事ができ更に打点まで上がります、対象を取らない除去として使えるのが強み。

そして自分フィールドの装備カードをコストにモンスター効果を無効にして破壊する制圧効果も持っています。

コメント