《世海龍ジーランティス》盤面を再構成するインパクトの高いリンク4モンスター

世海龍ジーランティス

日本選手権決勝でリンク召喚されましたが効果は通らずでしたが、それでもインパクトの強さをハッキリと残したカード《世海龍ジーランティス》

今回はその「ジーランティス」について考えていきます。

スポンサーリンク

特殊召喚縛りが付いていればそれが適用される

世海龍ジーランティス

《世海龍ジーランティス》

リンク・効果モンスター
リンク4/水属性/海竜族/攻2500
【リンクマーカー:上/左/右/下】
効果モンスター1体以上
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):「世海龍ジーランティス」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
(2):自分メインフェイズに発動できる。
フィールドのモンスターを全て除外する。
その後、この効果で除外したモンスターを可能な限り元々の持ち主のフィールドに表側表示または裏側守備表示で特殊召喚する。
(3):自分・相手のバトルフェイズに発動できる。
フィールドの相互リンク状態のモンスターの数まで、フィールドのカードを選んで破壊する。

フィールドのモンスターを全て除外し、その後それらを特殊召喚する効果、盤面を再構成する感じですね。

裏側守備表示でも可能なのでリンク状態を解除したり制圧・耐性があるモンスターの無力化など相手の戦力を大きく削る事ができます。

また名称ターン1が付いていないカードであれば除外後の帰還によって効果を再利用する事ができます、最近は書いてある事が多いですが、例外もそこそこありますからねぇ。

また特殊召喚は「ジーランティス」のコントローラーが行うので特殊召喚に制約が発生していた場合制約内のモンスターしか特殊召喚できません、相手モンスターも同じくです。

なので例に出すと水属性縛りが付いていると水属性しか特殊召喚できず、相手モンスターに水属性が居なければ全除外による除去となります。

【マリンセス】などの水属性縛りが発生するテーマでは必殺技となりますな。

全除外効果は起動効果なので「ジーランティス」をリンク召喚後に制約を発生させれば狙う事もできます、上手く利用するデッキが増えるやもしれませんね。

リンク4ながら素材は最低1体から

アクセスコード・トーカー

このカードの強い印象の1つがその要求素材。

リンク4ながら効果モンスター1体以上なのでリンク4モンスターであれば1体でリンク召喚が可能な点。

日本選手権決勝では《アクセスコード・トーカー》で除去を行った上で更にこのカードをリンク召喚し盤面を返すのと《増殖するG》適用化で相手のデッキアウトを狙いにいっていましたね。

補足として《増殖するG》適用化においては特殊召喚するのは「自分」なので相手フィールドに特殊召喚しても自分が発動している「増G」は反応しません。

リンク4を素材にするのは中々もったいない部分もありますがリンク4の効果を使い更に除外・帰還によって盤面を崩せるのは心強いですね。

相互リンクの数まで対象を取らない破壊

お互いのバトルフェイズと少し遅めですが「相互リンクの数まで対象を取らない破壊」を行う事ができます。

相互リンクについては(1)の効果でリンクモンスターの配置によって上手く繋げれそうですね、メインモンスターゾーンに帰還するので左右のマーカーがキモとなります。

バトルフェイズですがお互いのターンかつフリーチェーンなのでこのカードが居る限り相手はバトルには入りづらく牽制する効果もありますね。

コメント