PR

遊戯王OCG・《ナイトメア・スローン》《ヘルグレイブ・スクワーマー》2回続けて新規を貰える【ユベル】

記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

《ナイトメア・スローン》既存アニメカードに続けて新規が来るのは稀

1枚での完結度が高い優秀なフィールド魔法

フィールド魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):このカードの発動時の効果処理として、以下の効果を適用できる。
●攻撃力と守備力が0の悪魔族モンスター1体をデッキから選び、手札に加えるか破壊する。
(2):1ターンに1度、自分フィールドの表側表示の「ユベル」モンスターが効果でフィールドから離れた場合に発動できる。
その内の1体より元々のレベルが1つ高いか1つ低い「ユベル」モンスター1体を、自分のデッキ・墓地・除外状態から手札に加える。
その後、そのモンスターを召喚条件を無視して特殊召喚できる。

発動時の効果処理として攻守0の悪魔族をサーチするか破壊するか、「ユベル」系モンスターでもいいですし《害すトーチ・ゴーレム》も選択肢に入れる事ができます。

展開後ならば「ユベル」モンスターの破壊を行う事で能動的に更に展開していく事が可能。

「ユベル」モンスターがフィールドから離れると特殊召喚

(2)の効果は「ユベル」モンスターが効果によって場から離れるとそれよりレベルが1高いか低い「ユベル」モンスターをあらゆる場所から手札に加える事ができます。

効果で離れればよく、自分からの効果破壊や《ユベル》のエンドフェイズの維持コストを払わなかった場合などでも反応する事ができます。

その後の処理としてそのモンスターを特殊召喚。召喚条件を無視しての展開となります、融合モンスターである《ユベル-Das Ewig Liebe Wächter》は手札ではなくEXデッキに戻るので対応しておりません。

サーチ・サルベージして特殊召喚できる範囲がレベルが1つ違う「ユベル」なので対応するモンスターは限られがち、《ユベル-Das Abscheulich Ritter》といった進化体を使ってぐるぐる回していく形が理想かと。

この輪廻するようにグルグルしてくだけでも盤面の耐久力がかなり強化されるので除去に対するケアとして早い段階で発動したいですね。

《ユベル》カード名としては記載されていないのでサーチ未対応

スピリット・オブ・ユベル

このカード自体、《ユベル》としてのカード名は記載されていません「ユベル」モンスターカードとユベルを含むモンスターカード群となっている為ですね。

この辺りは《ティマイオスの眼》と同じ理屈となっています。

よって《ナイトメア・ペイン》や《スピリット・オブ・ユベル》でのサーチは対応しておりませんので注意。

フィールド魔法なので鉄板である《テラ・フォーミング》などを入れておくのが吉でしょうかね。

《ヘルグレイブ・スクワーマー》

ヘルグレイブ・スクワーマー

効果モンスター
星1/闇属性/悪魔族/攻 0/守 0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分・相手ターンに、自分フィールドに悪魔族モンスターが存在する場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
その後、自分フィールドの、「ユベル」またはそのカード名が記されたモンスター1体を破壊できる。
(2):墓地のこのカードを除外して発動できる。
自分の手札・墓地から「ヘルグレイブ・スクワーマー」以外の攻撃力と守備力が0の悪魔族モンスター1体を特殊召喚する。

【ユベル】をサポートする新しい下級モンスター

フリーチェーンで特殊召喚が可能で条件が自分フィールドの悪魔族を参照するだけとかなり展開しやすいモンスター。

【ユベル】のみならず悪魔族デッキで頭数が欲しい時に使えそうなレベルに見えますね。

その後の処理として《ユベル》か「ユベル」カード名記載のモンスターを破壊、こちらは任意効果なので場合によっては発動しない事も選べます。

【ユベル】ならば破壊を通して各種効果を狙っていく事ができます。

墓地効果は攻守0の悪魔族を特殊召喚

墓地から除外する事で自身同名以外の攻守0の悪魔族モンスターを手札・墓地から特殊召喚する事ができます。

蘇生先は「ユベル」モンスターや《サクリファイス・D・ロータス》他には出張性でよく入っている《暗黒の招来神》が挙げられます。

また(1)の破壊効果で自身を破壊すれば自分で墓地へ行けます、ただそれなら《リンクリボー》などリンク1の素材化で墓地へ送った方がベターですかね。

ドラゴン隊長
ドラゴン隊長

めっちゃいい感じな新規を獲得できましたね、前回の新規も良かったのですが更にデッキを高める事ができますね。

コメント