『PRISMATIC GOD BOX』《予見者ゾルガ》《千年の血族》収録・再録やサプライも

『PRISMATIC GOD BOX』の新規カード2枚と再録カードが判明しました。

それぞれシャーディーとイシズをイメージしたカードかと思われます。

しかし中々尖った性能で扱うのが難しそうな感じがしますね(;^ω^)

スポンサーリンク

2枚ともレベル4の下級モンスター

《予見者ゾルガ》

効果モンスター
星4/地属性/天使族/攻1700/守1200
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに「予見者ゾルガ」以外の天使族・地属性モンスターが存在する場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
その後、自分は自分及び相手のデッキの上からそれぞれ5枚まで確認する。
(2):このカードをリリースして召喚されたモンスターの攻撃宣言時に、墓地のこのカードを除外して発動できる。
そのモンスターを破壊し、相手に2000ダメージを与える。

天使族・地属性が存在すれば特殊召喚が可能。地属性天使といえば【ファーニマル】や【マドルチェ】ですかねぇ。

トップ5枚確認は戦術を立てるのにピッタリな効果ですね、まさしく予見者。

(2)は原作での《生贄の抱く爆弾》イメージでしょうか。この効果だと爆弾が見えている状態ではありますが、2000バーンは中々の量ですね。

イシズをイメージしたカードとなっております。

《千年の血族(ミレニアム・シーカー)》

効果モンスター
星4/闇属性/魔法使い族/攻1000/守1000
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分が戦闘・効果で1000以上のダメージを受けた時に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):相手の墓地の攻撃力が?以外のモンスター1体を対象として発動できる。
相手はデッキから攻撃力が?以外のモンスター1体を選ぶ事ができる。
選ばなかった場合、または対象のモンスターの方が攻撃力が高い場合、対象のモンスターを自分フィールドに特殊召喚する。
選んだモンスターはデッキに戻す。
それ以外の場合、相手は選んだモンスターを手札に加える。

1000以上のダメージを受けると特殊召喚。《Emトリック・クラウン》と非常に相性が良く仕上がっています。

(2)の効果は相手の墓地から自分フィールドに蘇生か相手がサーチ。当然相手はサーチをしたがるので対象より高い攻撃力を選びたがるはずですね。

こればかりは構築によっては随分結果が変わってきそうですね。メインで採用率が高い汎用高打点は恐らく《ダイナレスラー・パンクラトプス》なので2700打点がある種ハードルになっているかも。

こちらはシャーディーをイメージしたカードですね。

壁画絵柄のスリーブがとてもカッコいい

このスリーブ…とても良いですねぇ。今まで無かったアプローチかつ原作ファンにたまらないデザインになっていますな。

再録カード

《沈黙の剣士-サイレント・ソードマン》
《沈黙の魔術師-サイレント・マジシャン》
《破壊竜ガンドラ-ギガ・レイズ》
《トゥーン・ブラック・マジシャン・ガール》
《聖獣セルケト》
《死者蘇生》
《封印の黄金櫃》
《沈黙の剣》
《サイレント・バーニング》
《王家の神殿》
《永遠の魂》

「サイレント・ソードマン」と各種必殺技の再録が嬉しいですね!「トゥーンBMG」も需要が伸びていたので良きかと。

コメント