PR

「クォーターセンチュリークロニクル」に1000枚限定トークンが封入・シリアルコードで更にクオシクセットをGETできる

記事内に広告が含まれています。

ジャンフェスでの「遊戯王OCGタイムス」で発表された来年2月、3月に展開されるレアコレ枠のパック「クォーターセンチュリークロニクル」で衝撃の封入。

えらいこっちゃ!

スポンサーリンク

1000枚限定のトークンだけでも貴重なのにクオシクスペシャルセットまで貰える

「クォーターセンチュリークロニクル」には「side:UNITY」「side:PRIDE」それぞれにシリアルナンバーの入ったトークンが封入されるようです。

このトークンは1000枚限定となっており、そのシリアルナンバーにて「スペシャルカードセット」まで貰える…凄まじいですね。

トークンだけでも1000枚とかなり貴重な物ですが更にクオシクの新イラストのカードセットもドン!と上乗せはヤバいですって💦

「UNITY」では《ブラック・マジシャン》と《ブラック・マジシャン・ガール》のセット、「PRIDE」では《青眼の白龍》と《真紅眼の黒竜》のセットとなっています。

こうなってくると「クォーターセンチュリークロニクル」のボックスは争奪戦が発生しそうですねぇ、収録はキャラクター系のカードは多く判明しましたが、高レア狙いとなると大変そうでシングルに回る人も箱に挑戦したくなった方も居るのではないでしょうか?

ネット上では売り方がエグい、転売の標的にされそうと不安視する声もあります、実際ちょっと否定できないですね…業界が盛り上がるのはいい事だ、多々買いが始まる!といった前向きな意見もあります。

個人的にやり過ぎと思いきや冷静に考えると他のTCGも結構エグめの販売戦略は珍しくないので遊戯王の販売戦略が他TCGのラインに合わせて来たと考えるとまぁ時代の流れですかね。

コメント