割ってはいけない罠《ブービーゲーム》見せつけての抑制力の高さ

『ライトニングオーバードライブ』に収録される新規通常罠《ブービーゲーム》

判明した時はイラスト的にパッと見【イビルツイン】新規かと思いましたがそうではありませんでした(;^ω^)

《やぶ蛇》と同じく割ってはいけないカードですねぇ。

割られると爆アド・罠型デッキで使えるかも

《ブービーゲーム》

通常罠
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):モンスターが戦闘を行うダメージ計算時に発動できる。
その戦闘で発生する自分への戦闘ダメージを0にする。
(2):セットされたこのカードが相手の効果で破壊され墓地へ送られた場合、「ブービーゲーム」以外の自分の墓地の通常罠カードを2枚まで対象として発動できる。
そのカードを自分フィールドにセットする。
この効果でセットしたカードはセットしたターンでも発動できる。

(1)は戦闘ダメージを0にする効果。こちらはオマケですが敗北に1ターン待ったをかけれる可能性もあるので無意味な効果ではなさそうですね。

(2)本命の効果、墓地から通常罠を2枚セットし、セットしたターンに発動可能。

相手の効果で破壊され墓地へ送られないといけませんがガン伏せする罠型デッキにおいて《ハーピィの羽根帚》や《ライトニングストーム》といった苦手なカードに対しての対策として仕込むのも良さそうですね。

また《トラップトリック》などで見せておくと相手はおいそれとバックを割ろうとなれず、強い牽制力を発揮しそうです。

ただし破壊され墓地へ送られないといけないので「アーゼウス」や《コズミック・サイクロン》などには至って無力なのが課題と言えそうですね。

それらのカード相手にはフィールドから離れる&除外でもトリガーを引ける《やぶ蛇》に軍配があがります。

役割が同じでも効果の方が全然違うので一概に比べるのもアレですが、これらのカードは相手に依存するのでいかにトリガーを引けるかどうかってのもありますからねぇ。

新規が同時収録の【蟲惑魔】とは相性が結構良さそうに見えますね。

コメント