考察『氷結界ストラク』新規カード「晶壁」と「鼓動」エラッタ版「ドゥローレン」

スポンサーリンク

2020年11月21日発売のストラクチャーデッキ「凍獄の氷結界」から新規カードの判明です。

《氷結界の晶壁》と《トリシューラの鼓動》の魔法・罠になります。

《トリシューラの鼓動》はDTで《氷結界の龍 トリシューラ》登場弾の名称が由来になっていますねぇ。

スポンサーリンク

《トリシューラの鼓動》は「ウェイン」非対応なのが辛い!

《トリシューラの鼓動》

通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドの「氷結界」Sモンスターの種類によって以下の効果を適用する。
●1種類以上:相手フィールドのカード1枚を選んで除外する。
●2種類以上:相手の墓地のカード1枚を選んで除外する。
●3種類以上:相手の手札をランダムに1枚選んで除外する。
(2):自分フィールドの「氷結界」Sモンスターを対象とする魔法・罠・モンスターの効果を相手が発動した時、墓地のこのカードを除外して発動できる。
その効果を無効にする。

「氷結界」Sモンスターの種類を参照にして効果が増える罠カード。

それぞれの効果が《氷結界の龍 トリシューラ》の効果になっていますねぇ(ΦωΦ)

割と1種類の対象を取らない除外の時点で優秀な除去として運用できそうです「氷結界」カードではないので「氷結界」魔法・罠をサーチできる《氷結界の虎将 ウェイン》でのサーチ非対応なのが辛いところですな。

墓地から除外する事で「氷結界」Sモンスターを対象とした効果を無効にする事ができ《氷結界の龍 トリシューラ》に「ヴェーラー」などが当たらなくなるのは結構大きいかと思われます。

《氷結界の晶壁》

永続魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):このカードの発動時に、自分の墓地のレベル4以下の「氷結界」モンスター1体を対象にできる。
その場合、そのモンスターを特殊召喚する。
(2):このカードが魔法&罠ゾーンに存在し、自分フィールドに「氷結界」モンスターが3体以上存在する限り、自分フィールドの「氷結界」モンスターはEXデッキから特殊召喚された相手モンスターが発動した効果を受けない。

下級モンスターを蘇生できる永続魔法、テキスト的に蘇生対象が居なくても発動が可能な感じっぽいですね(*’ω’*)

「氷結界」モンスターが3体以上並ぶと自軍の「氷結界」モンスターに耐性を付与、シンクロモンスターである必要は無いのでそこまで大変な条件では無さそうですが、その他カードや構築によって難易度が変化しそうなカードですね。

1体は発動時の蘇生で確保できますが「トリシューラ」など大型シンクロを召喚すると頭数はグッっと減りそうです。

名称ターン1にエラッタされた「ドゥローレン」1月に緩和されるかな?

《氷結界の虎王ドゥローレン》

シンクロ・効果モンスター
星6/水属性/獣族/攻2000/守1400
チューナー+チューナー以外の水属性モンスター1体以上
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカード以外の自分フィールドの表側表示のカードを任意の数だけ対象として発動できる。
その自分の表側表示のカードを持ち主の手札に戻す。
このカードの攻撃力はターン終了時まで、この効果で手札に戻ったカードの数×500アップする。

ループのお友達「ドゥローレン」はエラッタでの再録となりました。長らく再録されず長らく制限カードな印象ですね(^o^;)

名称ターン1が付くと流石にループは難しそうなので次回リミットレギュレーションにて緩和されそうな予感がします。

効果自体は流石に「氷結界」と相性が良く《氷結界の霜精》でモンスターを墓地へ送り《氷結界の晶壁》で蘇生し、「ドゥローレン」をS召喚して「晶壁」回収といった芸当が可能。

以下各種「氷結界ストラク」過去記事になります。

商品リンク

created by Rinker
コナミデジタルエンタテインメント(Konami Digital Entertainment)
¥1,100(2020/12/03 12:50:23時点 Amazon調べ-詳細)

コメント