中毒性高し!獣・獣戦士・鳥獣デッキに《鉄獣戦線 凶鳥のシュライグ》

昨今環境で入賞しまくっている【トライブリゲード】そのカテゴリのエースを担っているモンスターが《鉄獣戦線 凶鳥のシュライグ》

そのシュライグですが召喚方法や手段を考えてみると決して【トライブリゲード】の物ではありません。

トライブリゲードの対応種族である「獣・獣戦士・鳥獣」を駆使するデッキならば忍ばせれるんですよね、トライブリゲードを握ったり対面すると分かるあの強さ…病みつきになります。

スポンサーリンク

対象を取らない除外・奇襲性を高める出し方も

《鉄獣戦線 凶鳥のシュライグ》
リンク・効果モンスター
リンク4/闇属性/鳥獣族/攻3000
【リンクマーカー:左/右/左下/右下】
獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスター2体以上
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合、または自分フィールドにこのカード以外の獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスターが特殊召喚された場合に発動できる。
フィールドのカード1枚を選んで除外する。
(2):このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
除外されている自分の獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスターの数以下のレベルを持つ獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスター1体をデッキから手札に加える。

自分か自軍に獣・獣戦士・鳥獣族(以下対応種族と呼称)が特殊召喚されるとフィールドのカードを対象を取らず除外。

自身以外でも誘発してしまうトンデモ効果な除去手段。更に墓地へ送られれば除外されている対応種族の数以下のレベルである対応種族モンスターをサーチ。

打点も3000と高めで戦闘もこなせます。

出張できそうなのは【炎星】【RR】【ハーピィ】【十二獣】など対応種族デッキで多岐にわたります。ぶっちゃけかなり強いのでちょっと無理をしてでも採用したいカードです。

召喚条件を容易にする《鉄獣の抗戦》とセットで

《鉄獣の抗戦》
通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分の墓地のモンスター及び除外されている自分のモンスターの中から、獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスターを任意の数だけ選んで効果を無効にして特殊召喚し、そのモンスターのみを素材として「トライブリゲード」リンクモンスター1体をリンク召喚する。

蘇生or帰還してリンク召喚する分かりやすい罠。《鉄獣戦線 塊撃のベアブルム》でサーチが可能ですが素材が「トライブリゲード」縛りなのでメインからもある程度出張させるのも手ですな、トライブリゲードモンスター固有効果でのEX特殊召喚も狙えますし。

このカードで墓地が肥えていればフリーチェーンでシュライグのリンク召喚が可能。リンクモンスターを使用せず4体蘇生からの場合は「ニビル直撃案件」になるので要注意。逆にリンクモンスターを利用すればニビルを避けれます。

トライブリゲードモンスター固有効果で特殊召喚したEXデッキモンスターは蘇生制限に引っかかるのにも注意です。

チェーン増Gされると2ドロー確定になるのも気をつけておくと良いかと。

何気に除外から帰還対応してるのがサラリとヤバいです。リソースを復活をしながらシュライグが出てきますからねぇ。

ケモノ達を扱うデッキならば1度使ってみるのオススメですよー。

コメント