新規カード《死者所生》原作再現要素がある《死者蘇生》関連罠

『バトル・オブ・カオス』新規カード今回は《死者蘇生》にまつわる罠カード。

《死者所生》…なんとも失礼、噛みました。的なネーミングですねぇ。

イラストモチーフは遊戯VSパンドラでお互いが同時に《死者蘇生》を発動したシーンでのパンドラ側となっています。

確かにこのカードならOCGでもお互いに正確には同時ではありませんが《死者蘇生》による蘇生を行えますね。

スポンサーリンク

《死者蘇生》効果による扱いで蘇生

通常罠
(1):モンスターが戦闘で破壊されたターンに、手札・デッキから「死者蘇生」1枚を墓地へ送り、
自分または相手の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを「死者蘇生」の効果による特殊召喚扱いとして自分フィールドに特殊召喚する。

条件として戦闘破壊がなされていないといけません、戦闘破壊されるモンスターは自分・相手を問いません。

そして手札・デッキから《死者蘇生》を墓地へ送るのがコスト、手札に《死者蘇生》がある場合だと普通に使えたりもするので難しい所、また制限カードである《死者蘇生》を使用してしまった後は腐ってしまう性質もあります。

《死者蘇生》の効果による特殊召喚についての利用は《千年の啓示》でしょうか。

永続魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札から幻神獣族モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
自分のデッキ・墓地から「死者蘇生」1枚を選んで手札に加える。
(2):魔法&罠ゾーンの表側表示のこのカードを墓地へ送って発動できる。
このターン、自分の「死者蘇生」によって、自分の墓地の「ラーの翼神竜」を召喚条件を無視して特殊召喚できる。
この効果を発動したターンのエンドフェイズに、自分は「死者蘇生」の効果で特殊召喚された「ラーの翼神竜」を墓地へ送らなければならない。

(1)の効果はサルベージも行えるので《死者蘇生》を使用しても回収すれば《死者所生》が腐らずに済みます。

そして(2)の《ラーの翼神竜》蘇生も使う事ができます。

ただし《死者所生》を介して罠での蘇生にこだわる必要性…ここが難しい問題として立ちはだかりますね(汗)

ドラゴン隊長
ドラゴン隊長

パンドラのキャラデッキを作る際に入れたくなるカードですね、相手がアテムデッキだと盛り上がりそうです。

新着情報
スポンサーリンク
よろしければフォローよろしくです!
遊戯王JOY

コメント