【相剣】天敵である「ミドラーシュ」対策・テーマ内なら「純鈞」や「妖眼」

【相剣】のみならずデッキによっては非常に突破が困難となるのが《エルシャドール・ミドラーシュ》私のホームだと【シャドール】が人気なので対策を練らねばなりません。

【相剣】の場合で対処方法を考えていきたいと思います。

スポンサーリンク

「純鈞」をピン刺しにすると色々止まった時に便利

《相剣瑞獣-純鈞》

効果モンスター
星6/地属性/幻竜族/攻2400/守1800
このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分・相手のメインフェイズに、自分フィールドのモンスター1体をリリースして発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):自分の幻竜族モンスターが、EXデッキから特殊召喚された相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算前に発動できる。
その相手モンスターとこのカードを破壊する。
(3):このカードがS素材として墓地へ送られた場合、自分または相手の、フィールド・墓地のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを除外する。

【相剣】カテゴリの中でもトークンを生成できず、上級という事もあり不採用が目立つカード。

ただし相手ターンにも展開が可能かつ2400打点なので今回の目的である「ミドラーシュ」を突破する事ができます。

自身も幻竜族なので(2)の効果を適用させる事も可能、相打ちみたいな感じになりますが、対象を取らない破壊で打点で敵わない相手が出てきてもなんとかしてくれそうですね。

「相剣」カードなのでサーチなどアクセスがしやすいので比較的安定度が高い対処法となってくれそうですね、ただしやっぱり用途が限定的なので積んでもピン刺しですかねぇ。

生き残ってシンクロ素材にできると除外効果を発動できるので上振れ要素も中々あったりします。

スポンサーリンク

《妖眼の相剣師》も選択肢

効果モンスター
星8/光属性/魔法使い族/攻2500/守2500
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):効果が無効化されているモンスターがフィールドに存在する場合、自分・相手のメインフェイズに発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):相手がモンスターを特殊召喚した場合、そのモンスターをどこから特殊召喚したかによって以下の効果から1つを選択して発動できる。
●手札:手札からモンスター1体を特殊召喚する。
●デッキ:自分はデッキから2枚ドローする。
●EXデッキ:EXデッキから特殊召喚されたそのモンスター1体を選んで破壊する。

妖眼さんも選択肢の1つですね、単体での自己特殊召喚がちと大変ですが《白の聖女エクレシア》を握れていた場合はリクルートする事ができるので突破要因となってくれます。

「ミドラーシュ」が居る状態でエクレシアを特殊召喚してしまわない様に注意ですね。

妖眼でも場に残った場合、相手の特殊召喚に合わせて効果を使っていけるので圧をかけていけるので旨味がありますね《影衣の偽典》でおかわりミドラーシュを許さないのがエラいです。

テーマ外からで他にはやっぱり大正義《ダイナレスラー・パンクラトプス》先生ですかねぇ、制限でお辛いですが(汗)

罠からは《無限泡影》に頼りたい所ですね、ミドラーシュが相手だと詰みかねないデッキなので対策はしておきたい所です。

テーマ
スポンサーリンク
よろしければフォローよろしくです!
遊戯王JOY

コメント