【トライブリゲード】と相性の良いリンクモンスターまとめ

「獣・獣戦士・鳥獣」族達をまとめたテーマ【トライブリゲード】新規も控えていて構築がグンと楽しくなりそうなテーマです。

今回はその【トライブリゲード】から採用できそうな対応種族のリンクモンスター達をまとめていきます。

中々に恵まれた種族なので様々なカードが採用範囲内ですねぇ(*’ω’*)

スポンサーリンク

戦華から「双龍」【炎星】も上手に扱える

《戦華盟将-双龍》

リンク・効果モンスター
リンク2/風属性/獣戦士族/攻1100
【リンクマーカー:左下/右下】
風属性の「戦華」モンスターを含む獣戦士族モンスター2体
このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「戦華」カード1枚を手札に加える。
(2):自分フィールドの「戦華」モンスターの攻撃力・守備力は500アップする。
(3):自分の手札・フィールドからカード1枚を墓地へ送り、相手フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。そのカードを持ち主の手札に戻す。
この効果は相手ターンでも発動できる。

正規召喚が無理ですが「トライブリゲード」の墓地除外での特殊召喚なら関係ない!

実質使える効果は(3)フリーチェーンのバウンス、墓地へ送るコストも「トライブリゲード」の動きとして相性は悪くないですね(*’ω’*)

フリーチェーンでのバウンス構えは先攻で頼りになる効果なので入れておいて損は無さそうですね。

このカードを墓地へ送れば更なる墓地除外からのリンクモンスターSSの種になってくれるのも良ポイント。

あと一応(2)の攻守アップもこのカードに適応されますね。

《炎星仙-ワシンジン》コスト踏み倒しは相当強い!

リンク・効果モンスター
リンク2/炎属性/獣戦士族/攻1700
【リンクマーカー:左下/右下】
獣戦士族モンスター2体
自分は「炎星仙-ワシンジン」を1ターンに1度しか特殊召喚できず、その(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分が「炎星」モンスターの効果を発動する場合、自分の手札・フィールドの「炎星」カード及び「炎舞」カードを墓地へ送らずに発動する事もできる。
(2):自分のフィールド・墓地の「炎舞」魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを持ち主の手札に戻す。
その後、デッキから「炎星」モンスター1体を墓地へ送る。

「炎星」コスト踏み倒すマン、効果的に何か少し「炎星」モンスターを入れておくとアドバンテージを稼ぐ事ができます。

(2)の「炎舞」をセルフバウンス・サルベージによって「天キ」を使い回す事によって墓地肥やしの起点である「フラクトール」をガシガシサーチしていきたい所、「炎星」をデッキから墓地へ送るので自己蘇生できる「ブルキ」が相性良さそうです。

当然「ブルキ」の蘇生コストも踏み倒せますからねぇ(*’ω’*)

《慧炎星-コサンジャク》コントロール奪取の新炎星

リンク・効果モンスター
リンク2/炎属性/獣戦士族/攻1000
【リンクマーカー:左/下】
「炎星」モンスター2体
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードのリンク先に「炎星」モンスターが存在する限り、相手はこのカードを攻撃対象に選択できない。
(2):このカードの攻撃宣言時に自分フィールドの表側表示の「炎舞」魔法・罠カード1枚を墓地へ送り、相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
エンドフェイズまで、その相手モンスターをこのカードのリンク先に置いてコントロールを得る。
この効果でコントロールを得たモンスターは攻撃宣言できない。

海外から来た新しい「炎星」モンスター、基本的に「天キ」をコストにコントロール奪取を狙っていくのが役割。

対象こそ取りますがEXデッキに忍ばせておくと相手をあっと言わせれそうな1枚。上述の「ワシンジン」ともコストを踏み倒せるので相性が良いです。

《王神鳥シムルグ》結界像や巨神鳥で揺さぶっていこう!

リンク・効果モンスター
リンク3/風属性/鳥獣族/攻2400
【リンクマーカー:左下/下/右下】
鳥獣族モンスターを含むモンスター2体以上
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
このカードはリンク素材にできない。
(1):このカード及びこのカードのリンク先の鳥獣族モンスターは相手の効果の対象にならない。
(2):このカードが戦闘で破壊される場合、代わりに自分フィールドの「シムルグ」カード1枚を破壊できる。
(3):自分・相手のエンドフェイズに発動できる。
使用していない自分・相手の魔法&罠ゾーンの数以下のレベルを持つ、鳥獣族モンスター1体を手札・デッキから特殊召喚する。

使用を見込む効果は(3)のお互いの魔法・罠ゾーン以下のレベルの鳥獣族モンスターをリクルートする効果。

《烈風の結界像》を置いていったり「トライブリゲード」では「ナーベル」にアクセスする事ができます。先攻ならば《霞の谷の巨神鳥》も夢ではないです。

コメント