特需カード《未界域のツチノコ》相次ぐ良相性テーマ

来日前からヤバいヤバいと言われていましたがいざ来日すると単体でそこまで暴れなかった【未界域】

しかしながらそれらのカードのポテンシャルが低い訳ではなく相性の良いテーマに各レベルのカードが出張しているのが見受けられます。

そんな中とても需要が上がっているのが《未界域のツチノコ》我が国のUMAがシンデレラ・ストーリーを辿っていますね。

スポンサーリンク

レベル3・爬虫類族ステータスが現環境にマッチ

《未界域のツチノコ》
効果モンスター
星3/闇属性/爬虫類族/攻1300/守 0
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札のこのカードを相手に見せて発動できる。
自分の全ての手札の中から、相手がランダムに1枚選び、自分はそのカードを捨てる。
それが「未界域のツチノコ」以外だった場合、さらに手札から「未界域のツチノコ」1体を特殊召喚し、自分はデッキから1枚ドローする。
(2):このカードが手札から捨てられた場合に発動できる。
このカードを特殊召喚する。

共通効果のセルフハンデスによる墓地肥やし1ドローが付くのでディスアドにはならず、ツチノコがヒットした場合の効果は特殊召喚なのでどうあっても展開ができます。

レベル3という部分では【幻影騎士団】が初動など展開補助として使ったり、各種墓地効果がある幻影騎士団を手札から墓地へ送れたりします。

またツチノコをサーチできる《未界域のジャッカロープ》も同じくレベル3なのでセット運用されています。

落ちるカード次第で上手くいけば序盤から少ないリスクで大きなアドバンテージとなります。

そして最近は爬虫類族という所がフィーチャーされています、そう【溟界】の登場です。

各種溟界モンスターも墓地に存在する事で効果を使っていけるのでツチノコとの相性は抜群。

ランダムですが手札に来た最上級を墓地へ送れるかもとなってくれるのも嬉しいポイント。

【溟界】は型も多く必須枠ではないのですが爬虫類族シナジーを見込む型で1~2枚採用される感じですね。

ツチノコに限らず【未界域】セットは出張性能もとても高いので非常にいいデッキですね。

コメント