PR

《氷魔龍 ブリューナク》フィールドのカードならなんでもバウンス効果・蘇生時でも可能

記事内に広告が含まれています。

「Vジャンプ2023年9月号」付録のカード《氷魔龍 ブリューナク》の効果が判明しましたね。

効果としては禁止時のエラッタ前の《氷結界の龍 ブリューナク》を意識している様に見えます、基本最近の付録は禁止カードリメイクの傾向もありますしね。

スポンサーリンク

戻す枚数が1枚になった禁止時「ブリューナク」を意識したカード

《氷魔龍 ブリューナク》

シンクロ・効果モンスター
星6/水属性/海竜族/攻2300/守1400
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがS召喚した場合、手札を1枚捨て、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に戻す。
(2):このカードが墓地から特殊召喚した場合、手札を1枚捨て、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に戻す。

手札の1枚捨てて1枚バウンス、自分のカードでもよくてカードの種類も問いません。

バウンス効果が誘発するのはシンクロ召喚時と墓地からの特殊召喚時となっており、蘇生に対しても反応できるのが強みの1つとなっています。

活かすならば当然蘇生手段が欲しくなる所ですが、上手く蘇生できる動きは少なく、汎用蘇生札に頼る事になりそうですね。

エラッタされた《氷結界の龍 ブリューナク》が任意の枚数を捨ててその枚数分バウンスとなっていますが相手のカードのみとなっています。

エラッタ前では何度も発動ができてコントローラーも問わずでした、今回の効果はどちらかと言えばエラッタ前のを調整した印象を受けますねぇ。

レベル6シンクロモンスターでバウンスと言えば《瑚之龍》《獣神ヴァルカン》などもあり激戦区となっています。

それぞれ違いがあるので用途によりチョイスが変わって来る感じですね。

ドラゴン隊長
ドラゴン隊長

このカードを扱うならばセルフバウンスできる点を活かせるデッキになりそうですね。

コメント