《VV~始まりの地~》新規収録《ポジション・チェンジ》名指しサポート|遊戯王タクティカル・マスターズ

スポンサーリンク

今月のパック3月19日に発売されるデッキビルドパック『タクティカル・マスターズ』から久々の新規カードと再録カードが公表されました。

《ポジションチェンジ》は確かに好相性で再録も頷けますがサポートまでされるとは…いやはや意外の一言ですね。

【ヴァリアンツ】の以前の公表済みカードについては過去記事もよければどうぞー

スポンサーリンク

《ポジション・チェンジ》をサーチできる通常魔法

通常魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):デッキから「ヴァリアンツ」フィールド魔法カード1枚を手札に加える。
その後、以下の効果を適用できる。
●自分フィールドのPモンスターカード1枚を選んで破壊し、デッキから「ポジションチェンジ」1枚を手札に加える。
(2):墓地のこのカードを除外して発動できる。
自分のEXデッキから表側表示の「ヴァリアンツ」Pモンスター1体を選んで自分のPゾーンに置く。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

「ヴァリアンツ」フィールド魔法をサーチするのが基本的な効果「ヴァリアンツ」魔法カードなので《ヴァリアンツの巫女-東雲》によりサーチが可能。

サーチできるフィールド魔法は現在2種類存在します。

  • 《VV-百識公国》
  • 《VV-真羅万象》

「ヴァリアンツ」フィールド魔法は存在しない方のフィールド魔法を相手のフィールドゾーンに置く効果があるので1枚にアクセスできればボードゲームの様な盤上ゲームのシステムをお互いに適用してプレイする事になります。

そしてその後の任意効果による処理で自分のPモンスターカードを破壊して《ポジションチェンジ》をサーチする事ができます。

都合2枚サーチできるカードとなっていますね、破壊もPカードなので損失も最低限かと、むしろ自壊はPテーマのお家芸…!

永続魔法
(1):1ターンに1度、自分のメインモンスターゾーンのモンスター1体を対象とし、その隣の使用していないモンスターゾーンを1ヵ所指定して発動できる。
その自分のモンスターの位置を、隣の指定したゾーンに移動する。

《ポジションチェンジ》はモンスターゾーンを移動するだけでも非情に有用なので物凄く相性の良いカードなので再録も頷けるのですがまさかサーチ手段までくれるとは思ってもいませんでした。

《ミラーフォース・ランチャー》の様に昔のカードサポートが出てくる事はありましたがテーマに組み込まれる試みは面白いですね、これからもっとやってほしいかも。

さり気なく10期以降「メインモンスターゾーン」とテキスト整備が入っていますね。

《ポジションチェンジ》でも動けるのは空いてある隣、モンスターの動かし方で埋めてしまわない様なプレイングも求められそうですね。

墓地効果もスケール設置効果

(2)はこのカードを墓地から除外する事によりEXから表側の「ヴァリアンツ」をPスケールに設置する効果。

(1)の効果で《ポジションチェンジ》をサーチする為に破壊したカードをスケールとして再活用できますが、このカードが墓地へ送られたターンには発動できないので注意。

ただし(1)(2)の効果自体はそれぞれ1ターンに1度使えるので前のターンに送られた《VV~始まりの地~》があり手札にもあれば両方使う事も可能。

ドラゴン隊長
ドラゴン隊長

動きが凄い独特なので慣れが必要そうですね、しかし相手に回った際も色々戸惑ってしまいそうですねぇ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新着情報
遊戯王JOY

コメント