『遊戯王OCG』《スカーレッド・スーパーノヴァ・ドラゴン》簡単に出せる様になりお強い

今回のフィーチャーカードは《スカーレッド・スーパーノヴァ・ドラゴン》

登場当初はその重さから使いにくさがありましたが、リゾネーター新規達の登場により簡単にシンクロ召喚ができるようになりましたねぇ。

出てくると非常に強力なモンスターです。

放送ゲストがジャック役の星野さんだったりで『ディメンション・フォース』で更に新規が予想されていますねぇ。

《スカーレッド・スーパーノヴァ・ドラゴン》

シンクロ・効果モンスター
星12/闇属性/ドラゴン族/攻4000/守3000
チューナー3体+チューナー以外のSモンスター1体以上
このカードはS召喚でのみEXデッキから特殊召喚できる。
(1):このカードの攻撃力は自分の墓地のチューナーの数×500アップする。
(2):フィールドのこのカードは相手の効果では破壊されない。
(3):1ターンに1度、相手モンスターの効果が発動した時、または相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。
このカード及び相手フィールドのカードを全て除外する。
(4):このカードの(3)の効果で除外された場合、次の自分エンドフェイズに発動する。
除外されているこのカードを特殊召喚する。

驚異のトリプルチューニング、しかも非チューナーにはシンクロモンスターを要求する超大型シンクロモンスター。

「スーパーノヴァ」の効果として素の攻撃力が高いのに更にパンプアップを持ち、効果破壊耐性も持ち合わせています。

相手モンスターの効果・攻撃に反応して自身と相手フィールドを全除外と豪快な効果を持っています。

自身の除外はコストではないので効果無効を打ち込まれるなどの隙があります。

自身が(3)の効果で除外されると次の自分エンドフェイズ時に帰還が可能、発動は強制効果となっています、また発動するのでチェーンで墓地やデッキに戻されたりすると不発になったりする隙がこちらの効果にもありますね。

【リゾネーター】【ジャンド】超ヘビー級シンクロを展開できるテーマ

【リゾネーター】では『エターニティ・コード』にて「リゾネーター」を2体リクルートできる《クリムゾン・リゾネーター》の登場により召喚が非常に簡単になりましたね。

また【ジャンド】では《ジャンク・スピーダー》によってシンクロ召喚を狙う事ができます。

大胆かつ豪快なカードですが効果達には隙も用意されているので相手にする際はそこを狙うのが効果的です、逆にそこを付くのが難しいと本当にコレ1枚でGGしちゃいます(汗)

コメント