『遊戯王OCG』まさかの【戦華】に新規《戦華の暴-董穎》《戦華史略-矯詔之叛》|ディメンション・フォース

『ディメンション・フォース』に新規収録される既存テーマからはなんと【戦華】!

管理人は三国志が好きなのでこのテーマは初登場時から追いかけています。

呂奉(呂布)が出て一区切りっぽくて新規はもう来ないと思っていましたがまだ新規を貰えるとは嬉しいですねぇ。

元ネタはとんでもない数ほどあるのでネタに困らないですな。

元ネタは「董卓」暴虐の限りを尽くした暴君

効果モンスター
星6/闇属性/獣戦士族/攻2200/守1800
このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキからレベル7以上の「戦華」モンスター1体または「戦華」永続魔法・永続罠カード1枚を手札に加える。
(2):自分フィールドにレベル7以上の「戦華」モンスターが存在する限り、相手は400LPを払わなければ、カードの効果を発動できない。
(3):モンスターが相手の墓地へ送られた場合、相手の墓地のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを除外し、自分はデッキから1枚ドローする。

新規カードモチーフはなんと「董卓」養子にして自身の破滅の要因となった「呂布」が出たのでたしかにって感じですね。

ステータスとしてはレベル6の闇属性・獣戦士族そこそこの攻守を持っていますね。

自身の展開時に最上級以上の「戦華」モンスターか「戦華」永続魔法・罠をサーチ。「呂奉」呼ぶぞ、ってイメージでしょうか。

(2)は最上級「戦華」が存在すれば相手はライフを400払わなければカード効果の発動ができません。コレ系の効果は地味に相手のライフを削り取ってくれると【デスピア】で学びました。

(3)はモンスターが相手墓地へ送られると相手の墓地1枚除外&1ドロー。

墓地除外して1ドローと破格の効果になっていますね、もちろんターン1が付いていますが自分ターン・相手ターンに相手モンスターを除去していくだけでかなりのアドバンテージをもたらしてくれそうです。

《戦華の叛-呂奉》が相手ターンでも破壊効果を発動でき相性が良いです《戦華の来-張遠》を利用してのコンバットトリックもテーマ内ではやりやすそうかと。

自身が上級ながら自己展開能力を持たないのが泣き所ですね、《戦華史略-三顧礼迎》や同パック収録の《戦華史略-矯詔之叛》で展開していく事になりそうです。

召喚時にサーチがあり先攻時に置いておいて強い効果も持っているのでかなり有力なモンスターとなってくれそうです。

先攻時にまずは「董穎」と「呂奉」の親子タッグから目指すのもシナジー的にもフレーバー的にも面白そう、「呂奉」が裏切って「董穎」が倒されたら史実再現という事で…

《戦華史略-矯詔之叛》

永続魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。
手札から「戦華」モンスター1体を特殊召喚し、自分はそのモンスターのレベル×100ダメージを受ける。
(2):魔法&罠ゾーンの表側表示のこのカードを墓地へ送り、フィールドの「戦華」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの属性を任意の属性に変更する。
相手フィールドのモンスターを対象として発動した場合、さらにそのモンスターのコントロールを得る事ができる。

新たな「戦華史略」シンプルながらもどちらも強力な効果を持っています。大分テーマの欲しい所を分かってくれている様ですねぇ。

(1)は手札からの展開、永続魔法なので維持する事ができればターンを跨いで何回も発動する事ができます。

デメリットとしてはレベルに応じたバーンダメージを受けてしまいますがそこまで高いダメージでは無いので許容範囲かと。

何かと上級以上のカードが多いのが【戦華】なので素直な展開効果は嬉しいですな。

(2)は自身を墓地へ送る事で属性を変更。風属性を素材要求する《戦華盟将-双龍》のリンク召喚のハードルがガクッと下がりますね。

相手フィールドに対象を取るとコントロール奪取。ただし対象は「戦華」モンスターなので裏切った「呂奉」を取り戻す事がメインですかね、ミラーマッチだったらパーティーの始まりです。

ドラゴン隊長
ドラゴン隊長

個人的に好きな武将である「馬超」や「甘寧」軍師からはやはり諸葛亮のライバル「司馬懿」が欲しいです(強欲)

コメント