PR

デュエリスト・ネクサス収録《ヴィサス・アムリターナ》など「世壊」に新展開

記事内に広告が含まれています。

「デュエリスト・ネクサス」に新規収録される背景ストーリー「世壊」関連カードが公表されました。

「新世壊」としてストーリーも区切りなのか新章スタートなのか…

スポンサーリンク

「世壊」シリーズも新章突入へ本格始動

《ヴィサス・アムリターナ》

シンクロ・チューナー・効果モンスター
星8/光属性/戦士族/攻2500/守2100
チューナー1体以上+光属性モンスター1体
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、カード名を「ヴィサス=スタフロスト」として扱う。
(2):このカードがS召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「ヴィサス=スタフロスト」のカード名が記された魔法・罠カード1枚を手札に加える
(3):自分メインフェイズに発動できる。
自分フィールドのモンスター1体を破壊する。
このターン中は自分フィールドのSモンスターの攻撃力が800アップする。

「世壊」シリーズのシンクロモンスター、モンスターゾーンでは名称を《ヴィサス=スタフロスト》として扱います。

シンクロ召喚時に《ヴィサス=スタフロスト》カード名が記された魔法・罠をサーチ、サーチ先は多岐に渡るので新旧の「世壊」で扱えそうなカードですね。

自軍モンスター破壊からのシンクロモンスター全体のパンプアップも【マナドゥム】やシンクロに寄せた構築だと強力そうです。

《ヴェーダ=カーランタ》

効果モンスター
星8/闇属性/戦士族/攻2500/守2100
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):フィールドのカードが効果で破壊された場合、フィールドに「ヴィサス=スタフロスト」が存在していれば発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
その後、自分のデッキ・墓地から「新世壊」1枚を手札に加える事ができる。
(2):このカード以外の自分のモンスターが効果で破壊された場合、相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊し、その元々の攻撃力分このカードの攻撃力をターン終了時までアップする。

メインデッキに入るレベル8の最上級モンスター。

カードの破壊・フィールドの《ヴィサス=スタフロスト》を参照して特殊召喚《ヴィサス=スタフロスト》が存在しないといけないのが中々大変ですが《ヴィサス=スタフロスト》として扱う《ヴィサス・アムリターナ》を併用すればハードルは下がりますね。

特殊召喚後の処理としてデッキ・墓地から《新世壊》をサーチ・サルベージする事ができます。

《新世壊(ニュー・クリア・ワールド)》

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊し、そのモンスターとは元々の種族・属性が異なり、
そのモンスターの元々のレベルより低いレベルを持つモンスター1体をデッキから守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。

(2)は自軍のモンスターの効果破壊に反応した相手モンスターを破壊してその打点分パンプアップ。

《マナドゥム・トリッド》

チューナー・効果モンスター
星2/炎属性/天使族/攻 0/守1500
このカード名の、(1)の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに「ヴィサス=スタフロスト」または攻撃力1500/守備力2100のモンスターが存在する場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
(2):このカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
デッキから「マナドゥム」チューナー1体を特殊召喚する

【マナドゥム】から新規のチューナー。

従来の「マナドゥム」チューナーは破壊時のリクルートが同名カードのみでしたがこのカードは「マナドゥム」チューナーと範囲が広がっています。

ただし他のチューナーの様にボーナス効果などは付いていませんね。

《世壊同心》

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):以下の効果から1つを選択して発動できる。
●自分の墓地から攻撃力1500/守備力2100のモンスター1体を特殊召喚する。
●自分のフィールド(表側表示)・墓地・除外状態の、「ヴィサス=スタフロスト」1体と攻撃力1500/守備力2100のモンスター4体をデッキに戻し、「ヴィサス」Sモンスター1体をS召喚扱いでEXデッキから特殊召喚する。

「世壊」シリーズの「ハート」系統ステータスのモンスターを蘇生させる効果かフィールド・墓地・除外から《ヴィサス=スタフロスト》と「ハート」系のステータスモンスター4体をデッキに戻して「ヴィサス」シンクロモンスターをシンクロ召喚扱いで特殊召喚。

参照範囲は広いですが戻すのが4体必要と重たいですね、それに見合った「ヴィサス」シンクロモンスターも控えているのでしょうか。

《新世壊アムリターラ》

フィールド魔法
フィールドに「ヴィサス=スタフロスト」が存在する場合にこのカードを発動できる。
(1):1ターンに1度、自分フィールドのモンスターが戦闘・効果で破壊され、墓地へ送られた場合または除外された場合、以下の効果から1つを選択して発動できる。
●その内の1体を自分フィールドに守備表示で特殊召喚する。
●その内の1体の攻撃力の半分だけ、フィールドのチューナー1体の攻撃力をアップする。
●その内の1体をデッキに戻し、自分は1枚ドローする。
●このカードをデッキに戻し、自分の墓地からフィールド魔法カード1枚を手札に加える。

「新世壊」フィールド魔法、発動条件としてフィールドに《ヴィサス=スタフロスト》が要求されます。

自軍モンスターの破壊に反応して4つの効果から1つ発動できます。

どれも有用な効果となっておりその場面に合わせた効果を活用したいですね。

《新世壊成劫》

通常罠
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):「ヴィサス=スタフロスト」のカード名が記された自分の墓地の魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを自分フィールドにセットする。
速攻魔法・罠カードをセットした場合、そのカードはセットしたターンでも発動できる。
(2):墓地のこのカードを除外し、「新世壊成劫」を除く、「ヴィサス=スタフロスト」のカード名が記された自分の墓地の魔法・罠カード3枚を対象として発動できる。
そのカードをデッキに戻す。

墓地から《ヴィサス=スタフロスト》が記された魔法・罠をセット、これも対象が多岐にわたるので様々なデッキで採用する事ができますな。

速攻魔法・罠カードをセットした際にはそのターンに発動が可能と速効性も高いです。

墓地から除外する事でデッキ修復、3枚デッキに戻す事ができ再サーチなどの体制を整える事ができますね。

《星満ちる新世壊》

永続罠
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに「ヴィサス=スタフロスト」が存在する限り、自分のモンスターはそれぞれ1ターンに1度だけ戦闘では破壊されない。
(2):自分フィールドに「ヴィサス=スタフロスト」が存在する場合、自分エンドフェイズに、自分の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをデッキに戻す。
自分フィールドにSモンスターのチューナーが存在する場合、デッキに戻さず手札に加える事もできる。

《ヴィサス=スタフロスト》が存在すれば自軍モンスターに1ターンに1度の戦闘破壊耐性が付きます。

そして《ヴィサス=スタフロスト》が存在すると自分エンドフェイズに墓地のモンスターをデッキに戻す効果、シンクロチューナーモンスターが存在すれば代わりに手札に戻す事もできます。

《ヴィサス・アムリターナ》がシンクロチューナーかつ《ヴィサス=スタフロスト》として扱うので参照先として適任かと。

コメント