遊戯王OCGコンボ《超魔神イド》と《分かつ烙印》によるロック・実用化されるのだろうか

スポンサーリンク

先日発表された《分かつ烙印》を使用したコンボが話題になっています。

相手の召喚関連を封じる強力なロックコンボとなっております。

《分かつ烙印》は相手に送りつけるのにうってつけのカードがあれば、と言われてましたがマッハで発見されましたね。

アクセスに関しては《烙印融合》で対応できるのがまた拍車をかけています。

スポンサーリンク

召喚・反転召喚・特殊召喚を封印

《超魔神イド》

効果モンスター
星6/闇属性/悪魔族/攻2200/守 800
このカードがカードの効果によって破壊され墓地へ送られた場合、次のターンのスタンバイフェイズ時にこのカードを墓地から特殊召喚し、このカード以外の自分フィールド上に存在するモンスターを全て破壊する。
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、自分はモンスターを通常召喚・反転召喚・特殊召喚する事ができない。
「超魔神イド」は自分フィールド上に1枚しか表側表示で存在できない。

収録は2008年の「ヴァリュアブルブック11」と古めで再録もされておらず、現在高騰中です。

上級モンスターの闇属性悪魔族というステータス。

着目されているのが「通常召喚・反転召喚・特殊召喚」ができなくなる効果ですね。

これは相手に送りつけたいモンスター、そしてその手段が《分かつ烙印》となっています。

しかし効果破壊されると自分のフィールドに来ちゃって自分にロックがかかる上に自分モンスターが全破壊されてしまうハイリスクなカードとなっております。

《分かつ烙印》で相手に送りつけよう

通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドの融合モンスター1体をリリースし、お互いの墓地のモンスター及び除外されているモンスターの中から、融合モンスター以外のモンスター2体を対象として発動できる。
そのモンスターをお互いのフィールドに1体ずつ特殊召喚する。
「アルバスの落胤」を融合素材とする融合モンスターをリリースしてこのカードを発動した場合、
代わりに対象のモンスター2体を自分フィールドに守備表示で特殊召喚できる。

お互いのフィールドにモンスターを特殊召喚する罠カード。

《アルバスの落胤》素材要求の融合モンスターをリリースして自分に2体蘇生も美味しいのですがお互いのフィールドに特殊召喚する事でコンボに使用します。

このカードも「烙印」カテゴリなのでサーチが効きますね。

《超魔神イド》を墓地へ送る手段

そして肝心の《超魔神イド》を墓地へ送る手段についてですが、丁度闇属性なので《烙印融合》によって《神炎竜ルベリオン》の素材にしてデッキから墓地へ送り込む事ができます。

融合・効果モンスター
星8/光属性/ドラゴン族/攻2500/守3000
闇属性モンスター+「アルバスの落胤」
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが融合召喚に成功した場合、手札を1枚捨てて発動できる。
自分のフィールド・墓地のモンスター及び除外されている自分のモンスターの中から、「神炎竜ルベリオン」を除くレベル8以下の融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを持ち主のデッキに戻し、その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。
このターン、このカードは攻撃できず、自分は融合モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

《分かつ烙印》は《烙印竜アルビオン》が墓地へ送られた場合の効果でデッキからセットが可能となっております。

他にも《スプリガンズ・キット》と《デスピアの導化アルベル》でもサーチする事ができます、ここらのサーチは《烙印融合》サーチとかち合うかもですが…

実際使われる?結構怪しい気がする

このロックの実用性ですが発売前なので未知数というのが正直な所、というかそうとしか言えません。

ですが、ここしばらくの過去の例からすると【LL】で話題になった《異怪の妖精 エルフォビア》や【ラビュリンス】での《絶対不可侵領域》が似たような例でありますが、それらはメジャーなシステムには成りえませんでしたね。

今回の《超魔神イド》もリスクがあり環境トップクラスの【烙印デスピア】で《烙印融合》が通る時点で強いですし、事故要因を搭載するか疑問な所もありますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
カード
遊戯王JOY

コメント