遊戯王OCG新カード情報《D・テレホン》《D・イヤホン》《ガジェット・ゲーマー》など『輝石のデュエリスト編』

スポンサーリンク

2022年5月21日発売の『デュリストパック 輝石のデュエリスト編』に収録される新規カードが公表されました。

【ディフォーマー】の新規カードが多数公開されましたね。近代化していくぅ!

スポンサーリンク

《D・イヤホン》

シンクロ・効果モンスター
星4/地属性/機械族/攻1200/守1800
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをターン終了時までチューナーとして扱う。
(2):フィールドのSモンスター1体を対象として発動できる。
自分のフィールド・墓地からこのカードを装備カード扱いとしてそのモンスターに装備する。
(3):このカードを装備したモンスターは1度のバトルフェイズ中に2回までモンスターに攻撃できる。

新たなシンクロモンスター、レベル4と貴重なレベルのモンスターで素材も汎用、効果も汎用性がありますね。

「イヤホン」と昔ながらのアイテムですが…こいつワイヤレスになっているぞ!

効果は他のカードをチューナー化、シンクロモンスターに装備、装備したモンスターは2回までモンスターに攻撃できると器用に使えそうです。

《D・テレホン》

チューナー・効果モンスター
星1/地属性/機械族/攻 100/守 100
(1):このカードは表示形式によって以下の効果を得る。
●攻撃表示:1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
サイコロを1回振る。
自分は出た目の数×100LP回復する。
その後、出た目の数以下のレベルを持つ「D」モンスター1体を自分の墓地から選んで特殊召喚できる。
●守備表示:1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
サイコロを1回振り、出た目の数だけ自分のデッキの上からカードをめくる。
その中から「D」カード1枚を選んで墓地へ送る事ができる。
残りは好きな順番でデッキの上か下に戻す。

ダイスロール効果があるレベル1チューナー。

表示形式によってダイスロール効果が変わり、ライフゲイン+蘇生か墓地肥やし効果となっています。

機械族チューナーなので「ハリラドン」システムを組み込む事が可能となっています。

《ガジェット・ゲーマー》

効果モンスター
星3/地属性/機械族/攻 300/守 300
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。
デッキから機械族・レベル1モンスター1体を手札に加える。
(2):このカードをリリースして発動できる。
手札から「D」モンスター1体を特殊召喚する。
その後、手札・デッキから「ガジェット・トレーラー」1体を特殊召喚できる。

「ディフォーマー」名称は持たないサポーター。

(1)の効果が機械族レベル1サーチと他のデッキでも使えそうなレベルの効果。

リリースすれば手札から「D」モンスターを特殊召喚し《ガジェット・トレーラー》もリクルート。

効果モンスター
星6/地属性/機械族/攻1300/守 0
1ターンに1度、手札から「D(ディフォーマー)」と名のついたモンスターを任意の枚数墓地へ送る事ができる。
この効果で墓地へ送ったモンスター1体につき、このカードの攻撃力は800ポイントアップする。

《D・コンバートユニット》

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドの機械族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの表示形式によって以下の効果を適用する。
●攻撃表示:対象のモンスターとはカード名が異なる「D」モンスター1体をデッキから特殊召喚する。
その後、対象のモンスターを持ち主のデッキの一番上に戻す。
●守備表示:対象のモンスターを攻撃表示に変更し、手札からレベル4以下の機械族モンスター1体を特殊召喚する。

機械族を対象とし表示形式で効果の変わる通常魔法。

攻撃表示ならば「D」をリクルートし対象のモンスターをデッキトップにトップに戻るのを良しとしない場合はめくるカードやシャッフルタイミングなど各サポートを使っていきたい所。

トップに戻したのが「ディフォーマー」なら《D・モバホン》にて確定で特殊召喚できるので上手く併用したいですね。

効果モンスター
星1/地属性/機械族/攻 100/守 100
(1):このカードは表示形式によって以下の効果を得る。
●攻撃表示:1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
サイコロを1回振り、出た目の数だけ自分のデッキの上からカードをめくる。
その中からレベル4以下の「D(ディフォーマー)」モンスター1体を選んで召喚条件を無視して特殊召喚し、
残りをデッキに戻す。
●守備表示:1ターン1度、自分メインフェイズに発動できる。
サイコロを1回振り、出た目の数だけ自分のデッキの上からカードを確認する。

《命の奇跡》

装備魔法
地属性Sモンスターにのみ装備可能。
(1):装備モンスターが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時のみ、その相手モンスターの攻撃力は1500ダウンする。
(2):1ターンに1度、モンスターの表示形式が変更された場合、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
(3):このカードが魔法&罠ゾーンから墓地へ送られた場合、自分フィールドの「パワー・ツール」Sモンスター1体をリリースして発動できる。
EXデッキから「ライフ・ストリーム・ドラゴン」1体をS召喚扱いで特殊召喚する。

「パワー・ツール・ドラゴン」関連カードを使うならやはり欲しいのが装備魔法。

地属性シンクロモンスターのみの装備可能と範囲はある程度決められています。

戦闘を行うダメージ計算時に相手の攻撃力を1500ダウンと扱いやすい戦闘サポート効果。

表示形式変更に反応してフィールドのカードを破壊、これは【ディフォーマー】との動きともマッチしていますね。

自分ターン・相手ターンとコンスタントに発動できれば盤面のリードを保ちやすくプレッシャーを与える事もできますな。

魔法・罠ゾーンから墓地へ送られると「パワー・ツール」をリリースし《ライフ・ストリーム・ドラゴン》をシンクロ召喚扱いで展開する効果。

狙っていく効果ではなさそうですが、保険としてならば有り難い効果とも言えますね。

また《ライフ・ストリーム・ドラゴン》は「ハリファイバー」から出せる最高打点のモンスターなので投入しておいても悪くないかもですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新着情報
遊戯王JOY

コメント