【考察】《黒衣竜アルビオン》《烙印の絆》【烙印】にも引き続き新規|非常にエモい

『ドーン・オブ・マジェスティ』に収録される【烙印】の新規カード《黒衣竜アルビオン》と《烙印の絆》ストーリーは1年目の節目を迎え【デスピア】など盛り上がりが見られますね。

【烙印】はやはり《アルバスの落胤》と《教導の聖女エクレシア》2人の主人公・ヒロインの王道テーマになるのでしょうか?

スポンサーリンク

《アルバスの落胤》としても扱うドラゴン

《黒衣竜アルビオン》

効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻2500/守2000
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り「アルバスの落胤」として扱う。
(2):このカードが手札・墓地に存在する場合、「アルバスの落胤」1体または「烙印」魔法・罠カード1枚を手札・デッキから墓地へ送って発動できる。
そのカードをどこから墓地へ送ったかによって以下の効果を適用する。
●手札:このカードを特殊召喚する。
●デッキ:このカードをデッキの一番下に戻す。
手札から戻した場合、さらに自分はデッキから1枚ドローする。

フィールド・墓地にて《アルバスの落胤》として扱うレベル8ドラゴン。

《アルバスの落胤》「烙印」魔法・罠を手札・デッキから墓地へ送る事により効果が適用。

コストが手札からの場合は自身の特殊召喚、このカード自体フィールドで何か及ぼす事はしないので役割は融合素材などでしょうか。

デッキからの場合は自身をデッキボトムへ戻す事により墓地の入れ替えとなる形に。手札からも対応しているので手札から戻った場合は1ドローが付きルーティング感覚で使用可能。

各種「烙印」魔法・罠の共通効果である「このカードが「アルバスの落胤」の効果を発動するために墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。このカードを自分フィールドにセットする。」は手札では《アルバスの落胤》として扱わないので裁定次第でしょうか。

姿としては《烙印竜アルビオン》がエクレシアによって鎮められ、自我を取り戻した様にみえます。

蘇生・帰還とシンプルな特殊召喚魔法

《烙印の絆》

通常魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の手札・墓地のモンスター及び除外されている自分のモンスターの中から、「アルバスの落胤」1体を選んで特殊召喚する。
(2):このカードが「アルバスの落胤」の効果を発動するために
墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。
このカードを自分フィールドにセットする。

手札・墓地・除外から《アルバスの落胤》を特殊召喚。墓地では《黒衣竜アルビオン》も対応。

《白の烙印》による墓地除外融合などで除外されている《アルバスの落胤》を帰還させる事ができるのが大きい要素ですね。

そして「烙印」魔法・罠の共通効果。

蘇生帰還と共通効果というシンプルな効果ですが、展開やリソースを確保してくれる良カード。

イラストは《ドラグマ・エンカウンター》での初遭遇と対になっており非常にエモいと大好評なカード。この2人は幸せになってほしいですねぇ。

コメント