【相剣】新規カード来た!新たなレベル10シンクロと罠カード

『バトル・オブ・カオス』にて【相剣】の新規カードが収録されることが判明しました。

レギュラーパックでの新規テーマだったので通例として今回新規を貰えるのも大体予想通りですね。

今回判明したのは新たなレベル10シンクロと除外に関連した罠カードです。

スポンサーリンク

ドローとバーンを伴う効果・闇堕ちした「龍淵」?

シンクロ・効果モンスター
星10/炎属性/幻竜族/攻2900/守2300
チューナー+チューナー以外の幻竜族モンスター1体以上
このカード名の(1)(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがフィールドに存在し、自分が他の幻竜族SモンスターのS召喚に成功した場合に発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。
(2):相手がモンスターの特殊召喚に成功した場合に発動できる。
その内の1体を選んで除外し、相手に1200ダメージを与える。
(3):相手が魔法・罠カードの効果を発動した時に発動できる。
そのカードを除外し、相手に1200ダメージを与える。

3つの効果があり、1ドローと1200バーンというのは《相剣師-莫邪》《相剣軍師-龍淵》の固有効果から引き継いだものでしょうか?

レベル10シンクロも《相剣軍師-龍淵》から召喚権を使用せず立てる事ができます。その「龍淵」が闇堕ち?した姿でしょうか、闇堕ち早すぎませんかね(汗)

他の幻竜族シンクロモンスターがS召喚されれば1ドローと純粋にアドバンテージに繋がります。上述の通り「龍淵」からならば召喚権を使わず出せるので他の「相剣」によってS召喚すれば1ドローは容易かと。

2つ目の効果は相手が特殊召喚成功した場合にその内1体を選んで除外、対象を取らない除外なので除去の質としては高いですが、召喚時誘発効果などは通ってしまいます。

またこのカードも耐性を持っていないで見えている除去なので相手も上手くやってくるorいきなり魔法などで除去られる可能性もありますね、1200バーンが付いてきます。無視できるほど低い数字ではないのでカツカツなデュエルの場合勝利要因の1つになり得る事もありそう。

3つ目の効果は相手の魔法・罠に反応してそのカードを除外、こちらも効果は永続・フィールド魔法でないと効果自体は通ってしまいます。

一応墓地効果があるカードの利用を封じる事ができますね、またカードの発動ではなく効果の発動に反応するので既に表になっている永続カードにも反応する事ができます。

こちらにも1200バーンが付いており(2)と(3)両方発動すると2400バーンと結構な数字に。

初手ならば相変わらず《フルール・ド・バロネス》が丸そうですが、それを消費した後辺りに出すといい感じに相手がウザがりそうです。

永続罠
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):カードが除外された場合に発動できる。
自分の手札・デッキ・墓地及び自分・相手フィールドの表側表示のカードの中から、幻竜族Sモンスター1体または「相剣」カード1枚を選んで除外する。
(2):このカードが除外された場合に発動できる。
自分フィールドに「相剣トークン」(幻竜族・チューナー・水・星4・攻/守0)1体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したトークンが存在する限り、自分はSモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

(1)はカードが除外されると反応する効果【相剣】ならば簡単にトリガーを引く事ができますね、効果は対象を取らない除外ですが面白いのが範囲ですね、自分だけならず相手フィールドの幻竜族シンクロ・相剣モンスターを除外する事ができます。

すなわちミラーマッチがとんでもない事になりそうです。または相手フィールドを利用するギミックがある新規があるのでしょうか?

(2)は相剣罠共通のトークンを特殊召喚する効果(1)で除外する事で満たしていく事も可能。

新着情報
スポンサーリンク
よろしければフォローよろしくです!
遊戯王JOY

コメント