『新規カード』《破壊の代行者 ヴィーナス》自己SS可能なチューナー・球体を蘇生・帰還+デッキ修復も

『バトル・オブ・カオス』に収録される【代行者】ストラク連動となる新規カード《破壊の代行者 ヴィーナス》が公表されました。

《創造の代行者 ヴィーナス》がモード反転した姿?となっていますねぇ。

しかしストラクR「代行者」の再販はいつなのでしょうか…ニビルレス生活が続きます。

スポンサーリンク

「球体」に休息も慈悲も与えぬ何があってもだ

チューナー・効果モンスター
星3/闇属性/天使族/攻 0/守1600
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):自分の墓地から「創造の代行者 ヴィーナス」1体を除外して発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):500の倍数のLPを払い、払ったLP500につき1体、自分の墓地のモンスター及び除外されている自分のモンスターの中から、「神聖なる球体」を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは、フィールドから離れた場合に持ち主のデッキの一番下に戻る。

どちらも展開に関する効果で名称ターン1に加え(1)(2)はいずれか1つしか発動できないようになっています。

本体はレベル3チューナーと色々と使えそうなステータス、《天空の聖域》カード名が記載されていないので《天空の聖水》でサーチができないので《神秘の代行者 アース》の召喚時効果でアクセスする事になりそうです。

(2)の効果は500の倍数を払ってそれに応じた数の《神聖なる球体》を蘇生・帰還「創造者」でリクルートした後も再展開する事が可能となっている上にフィールドから離れるとデッキボトムに戻るので「創造」で再利用ができます、創造と破壊の繰り返しって奴ですね、と言っても「破壊の代行者」何も破壊していませんが、寧ろ直してる。

帰還対応なので各種天使除外を要求する効果で「球体」をガシガシ除外できますねぇ、デッキに戻るのもボトムなのでシャッフルタイミングが無ければ戻して引く悲劇を免れます。

その強さ故に効果がいずれか1つな訳なので自身の特殊召喚方法は別に工面したい所、また《マスターフレア・ヒュペリオン》でコピーして利用してしまうのも手段の1つ。

分かりやすい特殊召喚札としては《命の代行者 ネプチューン》を手札から切る事で手札・墓地から特殊召喚が可能となっていますね。

創造と破壊でLPがガシガシ減りますがそこは【代行者】のライフ管理能力を活かしたい所。

ドラゴン隊長
ドラゴン隊長

レベル3チューナーと「創造ヴィーナス」が腐ってしまう問題を解決するハイクオリティな1枚となっていますねぇ。

新着情報
スポンサーリンク
よろしければフォローよろしくです!
遊戯王JOY

コメント