『大会結果』ランキングデュエル優勝【デスピア】エッジインプがアドを稼ぐ

今回の大会優勝は【デスピア】個人的に好きなデッキなので優勝したとあらば嬉しい限り、構築も非常に気になります。

融合デッキらしく融合に重きをおいた構築となっています。

《エッジインプ・チェーン》と《魔玩具補綴》によるアド稼ぎ

優勝おめでとうございます!

真っ先に気になるポイントはやはり《エッジインプ・チェーン》と《魔玩具補綴(デストーイ・パッチワーク)》の採用でしょうか。

「パッチワーク」は純粋に手札が1枚増えるアドバンテージ獲得に優れたカード。《融合》と《エッジインプ・チェーン》をサーチして融合手段と素材を一気に確保する事ができます。

《エッジインプ・チェーン》が手札・フィールドから墓地へ送られると「デストーイ」カードサーチ効果により2枚目の「パッチワーク」をサーチでき、繋がるようにアドを稼いでくれます。

そして《エッジインプ・チェーン》は「クエリティス」「マスカレイド」《ガーディアン・キマイラ》の素材になってくれるので全く無駄がありませんね。

新戦力《ガーディアン・キマイラ》

また新しいカードとして《ガーディアン・キマイラ》が2枚採用されています、3体素材と重めですがサーチした《エッジインプ・チェーン》が助けとなってくれたり《烙印劇城デスピア》の効果により融合モンスターを蘇生しながら着地できたりと狙う価値が多いにありますね。

《融合》カードもサーチし使用するので対象耐性付与に関しても問題がありません。

他のポイント

他のポイントはランク8の「ドラッグラビオン」システムを搭載「ヌメロン・ドラゴン」による一点集中を目指すか「タイタニック・ギャラクシー」による制圧かセレクトできますね。

「デスフェニ」もしっかりと出張、現環境では見かけない方が少ないですからねぇ。

そしてリンク「ダルク」も採用されています、相手の「デスフェニ」をエクシーズ素材にして幽閉する事も可能です。被破壊時のサーチ先にも困る事はないですね。

《スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン》「ドラゴスタペリア」「ドロゴン」達も採用されています。

《超融合》も非常に使いやすい構成のEXデッキですね。

ドラゴン隊長
ドラゴン隊長

融合による損失を補填しながらパワフルな融合モンスターを振り回す…やはり【デスピア】は面白いですね。

コメント