【天威】デッキを調整しつつおさらい《天幻の龍輪》とても良いですね

ライズ・オブ・ザ・デュエリストにて《天幻の龍輪》という便利なカードを手に入れた【天威】デッキ。

バニラを参照するクセがちょっと強い分、見返りは大きい効果を狙っていけるので一風変わったデッキの中でも純粋なパワーが強めな印象です。

「幻竜族」というのも【竜星】を出張させて「ボウテンコウ」を出したりと引き出しが多いのも良ポイント。あと元々高レア無しで「竜星」パーツなどが再録されたのでお安く組めるテーマでもあります。

スポンサーリンク

《天幻の龍輪》を利用するための欲張りプラン

てんげんの

速攻魔法
このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):自分フィールドの幻竜族モンスター1体をリリースして発動できる。 デッキから幻竜族モンスター1体を手札に加える。 効果モンスター以外のモンスターをリリースしてこのカードを発動した場合、手札に加えず効果を無効にして特殊召喚する事もできる。
(2):自分フィールドに効果モンスター以外の表側表示モンスターが存在する場合、自分メインフェイズに墓地のこのカードを除外して発動できる。 デッキから「天威」カード1枚を手札に加える。

11期に入って早速欲しかった所の新規を貰えましたね(*’ω’*)

(1)の幻竜族サーチorリクルート効果ですがリリースしてサーチだとちょっと損に見えるかもしれませんが、リリースで場を空けた場合、【天威】ならば再展開も容易に可能ですね。ですがやはりリクルートも狙いたい。そうなると《天威の拳僧》を利用するなどしてバニラに変換しながら動いていきましょう。

墓地からの効果もある「天威」モンスターを墓地へ溜めれるのでそっちの方面でも有用です、《天威の拳僧》をコネコネしてリリースでリクルートも良いですが、「拳僧」は弾切れしやすいので要注意。いやホント(;^ω^)

(2)の効果は待望の「天威」カードサーチ。
《天威無崩の地》や《天威無双の拳》へアクセスが可能になりました。

是非とも持ってきたい耐性&アド源《天威無崩の地》

フィールド魔法
(1):このカードがフィールドゾーンに存在する限り、 効果モンスター以外のフィールドの表側表示モンスターは、モンスターの効果を受けない。
(2):1ターンに1度、自分フィールドに効果モンスター以外のモンスターが存在し、 相手が効果モンスターを特殊召喚した場合に発動できる。 自分はデッキから2枚ドローする。

効果モンスター以外への耐性付与&相手のSSに対して2ドロー誘発と破格の効果を持っています。

アクセスの少なさと枠の関係上採用率が低かったカードですが、これから採用も充分に考えられると思います。

自分も構築当初は積んでいましたがやはり安定して置けないのが辛かったですねぇ(-_-;)
ただ、置いた時の相手の困り様な中々のものでしたよ(*´ω`*)

モンスター効果を受けない《天威の鬼神》を置いておけば対処するのは中々に厄介。「マニラ」を手札or墓地に用意しておけば対象を取る「魔法・罠・モンスター効果」から守る事もでき鉄壁感がありますね(*’ω’*)

カウンター札《天威無双の拳》

カウンター罠
(1):自分フィールドに効果モンスター以外の表側表示モンスターが存在し、モンスターの効果・魔法・罠カードが発動した時に発動できる。 その発動を無効にする。
(2):セットされたこのカードが相手の効果で破壊された場合に発動できる。 EXデッキから効果モンスター以外のモンスター1体を特殊召喚する。

万能カウンター&セット時破壊でEXからSS

カウンター能力は言わずとも分かる強力な効果、効果モンスター以外が存在しないといけませんが他にコストの類は必要ありません。

《天威無崩の地》と組み合わすとほぼ何も通さないカッチカチな盤面になりますねぇ。

セット時に破壊されて出てくるカード筆頭としては《青眼の究極龍》でしょう。

枠をコネコネして採用して遊んでみると良さそう

現在の【天威】は「竜星」とタッグを組むのが基本となっております。

ボウテンコウで《竜星の九支》を簡単に持って来れるので役割が被っている《天威無双の拳》の優先度はどうしても低めになってしまいます。

《天幻の龍輪》搭載後も「竜星」ギミックとは切っても切れない関係にあるので拳はやはり控えて天幻には無崩の地をサーチしていくのが丸いかと。

枠がカツカツ問題。

【天威竜星】はテーマ折衷なので枠がカツカツな問題と常時向き合う形になります。

ここは「天威」「竜星」モンスターの枚数調整、手札誘発の選別などをして《天幻の龍輪》と《天威無崩の地》《テラ・フォーミング》の枠を捻出しましょう。

「天威」モンスターではリクルーターの「アシュナ」と回収の「アーダラ」以外は3無くてもいいので、枠を確保するならこの2枚以外から削るのがオススメ。

「竜星」側からは「リフン」「シュンゲイ」が丁度よい塩梅かなぁと「竜星」の強力サポートである《竜星の輝跡》もあるとドローが更に捗ります。

またこのデッキで忘れてはいけない《タツノオトシオヤ》レベル調整しながらトークン生成は非常にこのデッキと相性が良いです。「龍仙女」で釣り上げ以外にも「ガイザー」でリクルートが可能です( ・`д・´)

エクストラデッキ

EXデッキとしては各種「天威」モンスター、中でもリンク1のバニラである《天威の拳僧》は切れてしまうと動きが鈍るので3積みたいです。

後のリンクモンスターは「ハリファイバー」ですねぇ。

シンクロモンスターは「ボウテンコウ」「ガイザー」「ショウフク」と「竜星」三連星が安定して強そうですな。

特にショウフクは幻竜デッキで使うとこんなに強いのかと笑えますよー(*´ω`*)

除外を多用するので《PSYフレームロード・Ω》も良きですね、リンクとシンクロを使うので《ヴァレルロード・S・ドラゴン》も。

後は《天威無双の拳》を採用した場合には《青眼の究極龍》ですね。

これらを差し込んでいくと15枠なんてPON!と埋まってしまいます。

と、まぁこんな感じです、デッキも記事もアップデート頑張っていかないとですな(;・∀・)

コメント

  1. 匿名 より:

    タツノオトシオヤは幻竜モンスターの効果しかSSできない制限があるので天幻からSSは無理では?

    • ドラゴン隊長 より:

      ご指摘ありがとうございます、その通りでした以前回して時それで悩んでたのに(;・∀・)