デッキパワーを合わせるべき?それ以外に知識・実力も考慮する事について

どうしても遊戯王OCGでは避けられないのがデッキパワー格差。

規制されていない限り初期のカードから使えるプール上仕方ない部分も当然あります、新しいテーマでもあったりしますが(汗)

今回はデッキパワーのお話ではなく、プレイヤー側のお話。勝負は弱肉強食ですがコミュニケーションツールとしての側面を持つのがカードゲームですしね。

スポンサーリンク

複雑なルールをしっかり把握しろと言うのはライトユーザーには難がある

遊戯王OCGはルール面がかなり複雑化しており、カードもテキストからは読み取りにくい裁定を見ておく必要があるカードも存在します。

自分が使う範囲は出来る限り目を通しておくのが良いのですが、緩く遊ぶプレイヤーにもそれを要求するのはちょっとアレかなぁって感じもします。

実際私の身内でもルールの熟知・カードの裁定などの知識面は結構開きがあります。

分からない事があると検索や一番詳しい人に質問する、といった感じです。

相手のデッキの動きやカードを知っているかどうか、こういう知識面でプレイングの差はどうしても出ちゃいますね。

そこでルールやカードに深くない人に対して全力で挑むかどうか。これが今回のお題の核心。

格ゲーで言うとわからん殺し・初心者狩りみたいな感じになるのかな?

こういう事は格ゲーだと上記の様な事に似た事になりますね。デッキパワーに格差があってもプレイング・知識面で押し切る事ができるは充分できます。

格ゲーで最低限の動きをなんとか出来る人を上級者が扱う弱キャラでボコボコにするイメージ。

これで知識がないほうが悪いとなると、デッキならば弱いデッキ使ってるほうが悪いという話と似た感じになっちゃいます。

解決法の提案・様子をみるプレイ

この話の解決の提案としては様子を見ながらプレイする。という事ですね、何度も引き合いに出しますが格ゲーで実力差があるとしっかりした人なら様子を見ながらゆっくりと戦ってくれます。

そうした所からヒントを得て様子見プレイが丸いんじゃないかなぁ、とか思っちゃいます。これはデッキパワーに格差があった場合も通用しそうです。

ただし舐めプと言われればそうとも言えるのが難点です…

様々な要因に格差があっても勝ち負けを気にしない人同士なら当然全力でぶつかっていくべきですが、負けがこむと仕上がってしまう人が居るのも事実。

接待プレイというのが古から存在するわけです。それまでとはいいませんが相手によって上手にセーブするのも手の一つかもしれない、という話です。

カードでは無くプレイヤー間での記事となったのであまり上手に書けませんでしたが、そういう環境もあるよ、と言うお話でした。お付き合いありがとうございました。

etc
スポンサーリンク
よろしければフォローよろしくです!
遊戯王JOY

コメント