新ルール変更点が追い風な【インフェルノイド】の墓地除外

新ルール変更点として発動前にカードの置かれている場所が変わると効果を発動できない、というルールが加わりました。

これはフリーチェーンで墓地除外ができる【インフェルノイド】にとってとても重要なルール変更になったかと思われます。

スポンサーリンク

墓地へ送られた場合をチェーンで撃ち抜く

1ターンに1度、自分フィールドのモンスター1体をリリースし、相手の墓地のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを除外する。
この効果は相手ターンでも発動できる。

【インフェルノイド】上級・最上級モンスターの多くに搭載されている共通効果。

リリースこそ必要ですが、フリーチェーンでの墓地除外、これは新ルールでの墓地効果に強く出れる様になり大きな追い風となるでしょう。

流行している所では【教導(ドラグマ)】での《灰燼竜バスタード》が墓地へ送られたエンドフェイズ発動なので余裕を持って無効にする事ができます。

《闇黒世界-シャドウ・ディストピア》を採用した【魔王ノイド】では相手モンスターをリリースしながら墓地を咎めていき元々強い動きが新ルールになって更にボーナスが付いた感じですねぇ。

しかしながら【ドラグマ】のEX墓地送りは効果で落としてしまうが故に中々チェーン上で除外して無効が難しいですね、流石最新テーマだけあって新ルールに順応しているんだなと思いますなぁ(^o^;)

コストで墓地送り等で墓地へ落ちたカードをしっかりと見て除外を撃つべきか否かしっかり見極めていきましょう。

こういった効果は汎用だと《D.D.クロウ》でも行う事ができますので【インフェルノイド】に限らず留意しておくと吉かと。

何分新しいルールなので結構チェーン対応無しで通してしまううっかり案件が多いので墓地発動には目を光らせておきましょう。私も何回か見落とした事があります…

コメント