PR

大会結果・ランキングデュエル優勝【テラナイト】

記事内に広告が含まれています。

「サイバーストームアクセス」で新規が登場し【セイクリッド】との混合構築も可能となった【テラナイト】

大会でも店舗大会などでちょくちょく結果を出しはじめましたね。

今回の優勝もランキングデュエルでの優勝となります。

スポンサーリンク

メインデッキの構成に変化を感じる

トライヴェール

優勝おめでとうございます!

ランキングデュエルBO1での結果、参加者は15名と多めの参加者の中から優勝となりました。

まずはメインモンスターの構成が気になります、モンスターは全て「テラナイト」から構成《セイクリッド・カドケウス》など「セイクリッド」とメインでは混合されていない形となります。

この辺りは《天架ける星因士》の使いやすさなどが大分変わってくるので好みや構築の差が人それぞれ出そうですね。

そして《星因士 シリウス》がピン刺しされています。

《星因士 シリウス》

テラナイト・シリウス

効果モンスター
星4/光属性/戦士族/攻1600/守 900
「星因士 シリウス」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した場合、自分の墓地の「テラナイト」モンスター5体を対象として発動できる。
そのモンスター5体をデッキに戻してシャッフルする。
その後、自分はデッキから1枚ドローする。

テーマ用のプチ《貪欲な壺》効果、EXデッキのテラナイトも回収でき、消費も激しくなっているのでいい仕事をしてくれそうですね。

ドン詰まった時に《星騎士 セイクリッド・カドケウス》でコピーして1ドローに賭ける事もありそうです。

展開補助・やはり《幸魂》が優秀か

幸魂

展開補助として採用されているのが《幸魂》召喚権を行使せずにレベル4を展開する事ができるので【テラナイト】など4軸デッキに嬉しいカード。

「トライヴェール」「ヴァトライムス」では素材に「テラナイト」が要求されるので素材にはできませんが他のモンスターを立てるプランなら問題無しですな。

EXデッキからは「未来龍皇」セット

未来龍皇ホープ

EXデッキでは《ガガガガマジシャン》を含む「未来龍皇」セットが採用されています。

枠は食いますがやはりエクシーズデッキではとても強力な味方となってくれます、そして同じくエクシーズのパワーカード「アーゼウス」ももちろん採用されています。

そして戦士族エクシーズの最終兵器「ロンゴミアント」も採用で通るとゲームエンド級のカード、EXデッキがかなり堅牢な作りになっています。

妨害は汎用からセレクト

「テラナイト」の妨害と言えば《神星なる因子》ですが、やはり今の時代使いにくさは否めません。

こちらのデッキでも不採用となっており手札誘発を除けば《無限泡影》《禁じられた一滴》《三戦の才》が採用されています。

コメント