PR

遊戯王優勝デッキ【粛声】24/1環境・ランキングデュエル

記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

新規からは《粛声なる祝福》が採用されている

優勝デッキの【粛声】新規からでは《粛声なる竜神サフィラ》は不採用となっています、トーナメントシーンでは少し厳しそうかもしれませんね、新規で投入されているのは《粛声なる祝福》ですね、《粛声の祈り手ロー》でアクセスできるので1枚採用となっています。

《粛声なる祝福》

永続魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):「粛声なる祝福」以外の自分の墓地・除外状態の「粛声」カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。
(2):儀式モンスター以外のモンスターが表側表示で召喚・特殊召喚された場合に発動できる。
レベルの合計が儀式召喚するモンスターのレベル以上になるように、自分の手札・フィールドのモンスターをリリースし、手札から戦士族・ドラゴン族で光属性の儀式モンスター1体を儀式召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは戦闘では破壊されない。

墓地のみならず除外からも回収できる効果、《粛声の竜賢姫サフィラ》は能動的に除外をしますし、「ロー」が除外されたりするのも結構な痛手となるのでこれは嬉しい効果。

(2)では儀式モンスター以外のモンスターの展開に反応して儀式召喚、相手の展開にも反応できるので相手ターン儀式召喚も可能となっており、戦闘破壊耐性も付けてくれます、パンプアップが適用されていない「ローガーディアン」や新規「サフィラ」のステータスが低い所を補完してくれます。

なにより相手ターンでも儀式召喚できるのでターン1である「ロー」の自己蘇生をターンを跨いで上手に使えますね。

また最近高騰して話題になった《オッドアイズ・ペンデュラムグラフ・ドラゴン》からの《覇王白竜オッドアイズ・ウィング・ドラゴン》を展開するギミックも搭載。

サイドデッキに《魔封じの芳香》

サイドデッキには《魔封じの芳香》が採用されています、儀式召喚デッキなら自分に刺さるのですが【粛声】だと《粛声の竜賢姫サフィラ》を除外してモンスター効果による儀式が可能なので避ける事ができますね。

また他の永続魔法なども「ロー」の効果によってデッキから置く事ができるので自分も受けるデメリットはかなり回避が可能。

コメント