OCG【青眼デッキ】待望の強力サポート《真の光》3枚採用から考える

『ワールドプレミアパック2021』が発売されました。

【青眼】の新規が収録されており、私は【青眼】デッキに愛着があるのですが箱を追うのは危険と判断し、シングルガイしました。

そこで悩んだのが《真の光》の採用枚数、幸い鬼滅の刃・無限列車編を見ている間にお昼頃より安くなってきたので3枚購入しました、3枚採用してみたいのは探究心の他に「ビンゴマシーン」でのサーチを安定させたいな、という思いからです。

スポンサーリンク

強烈な蘇生札・関連カードサーチ能力

永続罠
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):以下の効果から1つを選択して発動できる。
●自分の手札・墓地から「青眼の白龍」1体を選んで特殊召喚する。
●同名カードが自分のフィールド・墓地に存在しない、「青眼の白龍」のカード名が記された魔法・罠カード1枚をデッキから選んで自分フィールドにセットする。
(2):自分のモンスターゾーンの「青眼の白龍」は相手の効果の対象にならない。
(3):魔法&罠ゾーンの表側表示のこのカードが墓地へ送られた場合に発動する。
自分フィールドのモンスターを全て破壊する。

こちらが新規の《真の光》【青眼】版の《永遠の魂》とも言えるカード(細かい部分は違いますが)

「青眼の白龍」を手札から展開したり蘇生したりできる永続罠、継続的な蘇生などでの持久力アップは非常に魅力的ですね。正規召喚した《青眼の亜白龍》も墓地にて「青眼の白龍」として扱うので蘇生可能になります。

それにより更にランク8を出しやすく「ディンギルス」や「ドラッグルーオン」「タイタニックギャラクシー」といった除去から展開、制圧までこなすエクシーズモンスターを活用できます。

勿論3000打点を並べてハイビートできるのも魅力のひとつ、青眼に対象耐性も付与されますしね。

また「青眼の白龍」記載の魔法・罠をセット可能。セットなので「うらら」に引っかからないです、ただフィールドのみならず墓地にも存在する同名カードは範囲外。

《真の光》が墓地へ送られると自分フィールドが全破壊されるのがデメリットとなっております。

《強靭!無敵!最強!》をセットする事により全破壊デメリットを多少ケアする事ができます。《復活の福音》の墓地身代わりでも容易に全体破壊から守る事ができます。

通常罠
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの「ブルーアイズ」モンスター1体を対象として発動できる。
このターン、その表側表示モンスターは自身以外のカードの効果を受けず、戦闘では破壊されず、
そのモンスターと戦闘を行ったモンスターはダメージステップ終了時に破壊される。
(2):このカードが墓地に存在し、自分が「青眼の白龍」の召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
このカードを自分フィールドにセットする。
この効果でセットしたこのカードはフィールドから離れた場合に除外される。

3枚採用したいのは「ビンゴマシーン」で確定させたいから

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):デッキから以下のカードを合計3枚選んで相手に見せ、相手はその中からランダムに1枚選ぶ。
そのカード1枚を自分の手札に加え、残りのカードはデッキに戻す。
●「ブルーアイズ」モンスター
●「ビンゴマシーンGO!GO!」以外の、「青眼の白龍」または「青眼の究極竜」のカード名が記された魔法・罠カード

3枚採用を検討する最大の理由になったカード。

《真の光》を引けていない場合に確定サーチする事ができます、ただ【青眼】は展開が詰まりやすい訳でもないので「ビンゴマシーン」に頼らない場合は各自枚数調整すると良さそうですね【青眼】で罠枠3捻出は大変ですから…そこへお好みで《強靭!無敵!最強!》などなど。

サーチ範囲がガシガシ広がったカードなので採用する価値は充分上がったカードと言えるでしょう。

これからの調整によってまた変わってくる可能性も

当然コレで完成終わり、ではなく回しながら調整をとっていくつもりです。私の【青眼】はフリー用なので大会でガシガシ調整はできませんが、機会があれば積極的に回していきたいです。

【ブラック・マジシャン】での《永遠の魂》の活躍を見るに3枚でも大丈夫そうな部分もありますね。

テーマ
スポンサーリンク
よろしければフォローよろしくです!
遊戯王JOY

コメント

  1. 匿名 より:

    永遠の魂に似た効果