PR

MTG禁止改訂告知・焦点として指定されている《オークの弓使い》と【赤黒想起】

記事内に広告が含まれています。

これでも一応ちょっと熱心なMTGプレイヤーなのでMTGの記事も、丁度店舗大会の後話題になって結構話が尽きなかったMTGの禁止改訂について。

モダン・パイオニアからある程度範囲が名指しされた形での告知となりました。

大体分かったけど詳しくは分からん…というのが本音であり結論、結局出てみなければ分かりませんからね、しかしある程度の予想は付きます。

スポンサーリンク

禁止改訂は2023/12/4日に発表

悲嘆

そもそも今回の改訂タイミング自体にも変更があります。

環境の大きな崩壊に特別に対処するための禁止制限の更新が、各セットの発売後3度目の(太平洋時間の)月曜日に行われます。

新セットリリース後の禁止制限告知の期間が、2~5週間後に変更になります。

発売後の禁止改訂タイミングに揺らぎが発生するようになります、年に1度の改訂というのが明言されているのはスタンダードの話となっている模様ですね。

また今回告知されたのは「環境の大きな崩壊に対処」の為の改訂なので毎回あるとは限らない?完全に明言されている部分が少なめなのでちとブレますね、wotcが現在ブレている説もあります。

パイオニアではやはり発見コンボが許されないか

本題、禁止改訂についてです。

12月4日の月曜日(現地時間)にパイオニアとモダンで禁止改訂が入る模様、レガシーは指名されていないのでレガシーでの《オークの弓使い》はまだ続きそうですね。

名指しされているのがパイオニアにおいて3ターンキルが可能な「発見コンボ」やはりコレはダメそうですね。

基本的にパイオニアにおいて早いターンで決まるコンボは許されないという1つの基準があります、過去の例ではサヒーリフェリダーの《守護フェリダー》やインバーターコンボの《真実を覆すもの》といったカードがそれを理由に禁止されています。

この前例があるので「発見」も早い段階で禁止が来そうとは思っていました、禁止確定ではないですが名指しまでしたので流石にノータッチはなさそう。

ですが、毒には毒をもって制す…という事で大穴として《時を解す者、テフェリー》の解禁というのも?流石にそれでバランスを取ろうとするのは無理がある感じですが(汗)

禁止カードとしてはやはり《地質鑑定士》が第一候補でしょうね。

あと《嘶くカルノタウルス》の方にも禁止の手が伸びるかどうか、といった所ですね、入念にやっておくかどうか。

もう1つ指名されているのが緑単、このデッキも大分強いですが圧倒的環境トップという訳ではないですね、どちらかと言うとデッキ自体ではなく《大いなる創造者、カーン》が危ないといった印象です。

モダンでも絶賛強力なカードとして君臨しています。

解禁カードがあるとするならば《密輸人の回転翼機》とかちょっと解禁してみてもいいんじゃないかなって思っています。

モダンでは【赤黒想起】が多すぎるのが問題視されている

モダンからは【赤黒想起】の使用率の高さが問題になっているようです、実際にメタゲームで頭一つ抜けている感じです、【ティムールカスケード】が有利を取れているのでなんとか…といった所ですが、やはりダメそうですね。

禁止候補として挙がるのはやはりデッキの中枢となっている《悲嘆》や《激情》ですかね。

これはかなり意見が割れる所で、僕の周りでも意見が二分されています、手札をゴッソリ引っこ抜かれ機能不全に追いやられる《悲嘆》か赤いデッキで高い採用率があり部族デッキなど横並びを許さない《激情》か…といった感じです。

SNS上では国内では《悲嘆》と言う声が多く、海外では《激情》と言う意見が多いです、これも面白いですね。

《悲嘆》が禁止になった場合は【リビングエンド】が結構厳し目の位置に入るかもですね、安全確認や対策カードを引っこ抜くといった事がやりにくくなります。

また【黒単】もちょっと厳しくなりますかね、採用するアーキタイプは《激情》ほど多くはないですが強力なデッキに採用されているのが特徴的です。

《激情》禁止の場合は赤いデッキ系の多くに影響が出そうですね、採用率で言うとこちらの方がかなり多く、影響が出る範囲は広そうです、禁止になった場合は部族系デッキが盛り返すかもですね。

そして名指しされているのが《オークの弓使い》及びタフネス1問題についてですね。

タフネス1については《レンと六番》からそうじゃないか、何言ってるんだ状態って気持ちがあったりします、《オークの弓使い》がタフネス1を許さないなら《レンと六番》もダメなのでは?というのが素直な感想。

しかしこれらのカードが居なくなると《敏捷なこそ泥、ラガバン》が再び大暴れしそうではあります、プロツアーの時、公式のカバレージで《オークの弓使い》がラガバンを駆逐したって言ってましたねぇ。

しかしタフネス1に人権が帰ってくるのは個人的に嬉しい話でもあります、《闇の腹心》また使いたいなという個人的欲望から来るものですが…

モダンからの解禁は…全く予想がつきませんね、前回の《定業》も完全に予想外でした。

ドラゴン隊長
ドラゴン隊長

事前に指名されたカード達だけでも相当お高いカードなのでそれらがゾロゾロと禁止になると悲鳴が聞こえてきそうです、僕も《激情》や《レンと六番》4枚持ってるので震えてます。

コメント