PR

ターミナルワールド相場情報・シークレットパラレルの買取価格が高めの傾向

記事内に広告が含まれています。

遊戯王OCG・ターミナルワールドの買取価格相場について。

発売から2週間経過した現在の相場、大きな動きとして特徴的なのがパラレル仕様のシークレットレアの高騰ですね。

既存カードでもシクパラレルになると3000円買取クラスのカードがそこそこあります、初動から大きく変わった形となります。

初動時の記事は以下から

スポンサーリンク

シークレットパラレル・既存カードでも人気カードは3000円買取級

インフェルノイド・イヴィル

ターミナルワールドでの価格変動で顕著なのがパラレル系カードの値上がりですね。

初動ではパラレルはあまり高額買取がついていませんでしたが、今では結構な高額な買取価格が付いています。

シークレット以上のパラレルは基本的に高めになっています、やはりデュエルターミナルに縁があるテーマ達という事でパラレルは人気のようですね、パラレル加工がDT仕様ではありませんが。

枚数的に挙げるとキリが無いので個人的にカードをピックアップしていきます。

【インフェルノイド】では既存カードでも《インフェルノイド・リリス》のパラレルシクが買取価格1500円と結構なお値段ですね、シークレットレア自体が箱1かつパラレル仕様で特定カードを当てるのは至難の技なのでこの高騰もたしかに納得。

《インフェルノイド・ヴァエル》も既存ながらシクパラレルになると3000円買取と結構な価格がついています。

新規では《インフェルノイド・イヴィル》のシクパラレルが3000円買取になっています、クオシクの《インフェルノイド・フラッド》に迫る勢いなのは凄いですね。

【ジェネクス】カードに関しては高価買取が少ない感じに、パラレルの強化買取も載っていない形となりました、強化はされましたが他テーマの人気・価格を考慮して調整された印象があります。

《精霊獣使いレラ》のシクパラレルが3000円買取となっています、レラに関してはシクパラの初動は高いところでは5000円買取だったので下がったパターンとなります。

クオシクになると14000円買取と一つ抜けた買取価格になっているのは変わらずですね。

《精霊獣カンナホーク》がシクパラレルだと3000円買取と高額枠に初動ではあまり値段が付かなかったですが伸びてますねぇ。

《氷霊山の龍祖 ランセア》がシークレットレアで1000円買取、クオシクで2500円買取、初動より若干下がった感じですね、画像には載っていませんが調べた所シクパラレルは2000円前後の買取価格となっています。

《氷結界の剣士 ゲオルギアス》がシクパラレル買取価格が1300円、初動の500円買取から跳ね上がっています、実際【氷結界】のステージをかなり上げたカードですからねぇ。

《氷結界の鏡魔師》はシークレットレアでも1300円買取、こちらもリスト外から調べましたがシクパラレルだと3000円くらいの買取価格になっています、こちらも「ゲオルギアス」に並ぶ新たな氷結界の顔となるモンスターカードですね。

ドラゴン隊長
ドラゴン隊長

パック単価や封入率を考えるとパック開封が落ち着いた今値段がしっかりと付いた形となりますね、今後も沢山剥かれるかとなると若干厳しいのは否めませんからね。

コメント