スポンサーリンク

苦手な手札誘発貫通したい【レッド・デーモン】構築プラン「カオス・ルーラー」は神

どうしても手札誘発が刺さりやすい【レッド・デーモン】

そういうデッキ沢山あるよ!って話なんですが、【レッド・デーモン】の刺さった時のビタ止まり具合が気になる今日この頃。

そこで出来るだけ誘発を乗り越えれる構築を目指そうではないかと思案していきます。

スポンサーリンク

光明は特殊召喚ギミックと非チューナーにあり!

以前紹介した時から推している《サイキック・リフレクター》を利用した「バスター」ギミック。

《ワン・フォー・ワン》や《緊急テレポート》という召喚権を使用しないリクルート手段が豊富なので召喚権を使った動きを止められると辛い【レッド・デーモン】においては非常に強力なウエポンになります。

怖いのは《バスター・モード》の素引き。2枚くらい入れてみるか、召喚権を行使して立て直していく形となります。

しかし相変わらずお強い有効なシステムなのでレベル8シンクロがスタート地点なこのデッキとは非常に相性がよろしいです。

非チューナー《サイバース・ガジェット》や《星向鳥》

《サイバース・ガジェット》

効果モンスター
星4/光属性/サイバース族/攻1400/守 300
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚に成功した時、自分の墓地のレベル2以下のモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。
(2):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
自分フィールドに「ガジェット・トークン」(サイバース族・光・星2・攻/守0)1体を特殊召喚する。

レベル8シンクロを目指すギミック持ち。

《レッド・リゾネーター》からも入ってもトークンを確保でき、そのままレベル8シンクロへ繋げれます。通常召喚した場合は各種「リゾネーター」を蘇生してレベル8へ。

非チューナー供給要員として採用されていたりする《黒き森のウィッチ》でのサーチに対応しております。

《星向鳥》

効果モンスター
星4/風属性/鳥獣族/攻1000/守1500
(1):このカードはメインモンスターゾーンに存在する限り、その位置によって以下の効果を得る。
●左端:このカードのレベルは4つ上がる。
●右端:このカードのレベルは3つ上がる。
●中央:このカードのレベルは2つ上がる。
●それ以外:このカードのレベルは1つ上がる。

永続効果によるレベル変動。

《レッド・リゾネーター》が通ればそこからレベル8シンクロへ直通も可能。《レッドライジング・ドラゴン》を経由しないのでお財布と枠に優しく、墓地対策などのある程度の妨害をかわす芸当も可能です。こちらも《黒き森のウィッチ》対応。

新たなる闇属性ドラゴン族シンクロモンスター

《混沌魔龍 カオスルーラー》の登場によって構築が変わるレベルの大変動です。自己蘇生と墓地肥やし&手札補充はかなり強力。

落ち方次第では更なる展開へ繋げる事も可能です。ブン回りモードになると手を付けられなくなります。

効果は強いものの初動で使いづらかった《スカーレッド・ファミリア》の採用も見えてきます。カオス用の光属性としては手札誘発なら《幽鬼うさぎ》汎用として《妖精伝姫-シラユキ》や《Emトリック・クラウン》がオススメ。

かなり恩恵を受けれる新時代の素晴らしいカードですな(*´ω`*)

定番と趣味

後はやはり定番どころの《風来王 ワイルド・ワインド》や《奇術王 ムーン・スター》新規の《クリムゾン・リゾネーター》や《変容王ヘル・ゲル》と相性が良く評価が上がった《レッド・スプリンター》ですかねぇ。

《レッド・リゾネーター》でのライフゲインもあるので「デストルドー」に頼ってみるのもアリですな。

後個人的趣味での《闇黒の魔王ディアボロス》も面白いです。「ベリアル」や「リンクリボー」でリリースはそれなりに使用するので1枚忍ばしておくと面白いカード。特化させてみるのも一興かもしれませんね。

流石にどれかは通ってほしい(願望)

これだけプランを用意したからにはどれか通るはず通ってほしい…

《墓穴の指名者》なども加えると結構な確率で通ると思います。1度「レッド・デーモン」まで通ると非常に大きいので是が非でも通していく構築をオススメしたいです。

どこかで止められてしまう事を想定してEXデッキにはレベル5の闇属性ドラゴン族シンクロの採用をオススメします。具体的に《ガーデン・ローズ・メイデン》ですなぁ。

テーマ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
遊戯王JOY

コメント